採れたて!トレセン情報

第791回&第792回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●このチャンスをモノにするか…●

いよいよ今週から、暮れのホープフルSまで12週連続GI開催に突入、秋競馬も佳境を迎える。その第一弾は、牝馬3冠最終戦の秋華賞。昨日も触れたが、3冠馬誕生が期待されている今年、2番手候補の有力馬ラッキーライラックとサラキアの鞍上が直前週のアクシデントで乗れなくなってしまうという、事件とも言える出来事が起こってしまった。


直前も直前、しかも今週から第3場の新潟も始まりジョッキーが手薄な中なだけに、特にモレイラの予定だったサラキアの鞍上起用は難航した。

まずは、もともとサトノワルキューレで予定していたミルコに打診。しかし既報通りミルコは先約のダンサールを優先した。

その後、福永騎手で調整してみたものの、東京で騎乗予定を組んでいたため調整が難しく、結局騎乗は叶わなかった。最終的には、同じく東京予定だった池添騎手が京都に切り替え落ち着いた。結局元サヤに戻った形。


一方、ラッキーライラックの方は、直前の騎手変更ながら意外とスムーズに決まった。というのは、新潟で騎乗を予定していた北村友一騎手は、その新潟で騎乗を予定していた馬のほとんどがノーザンF関連馬だったため、揉めることもなくスムーズに切り替えられた。


一旦は乗り替わりを宣告されていたが、最終的には元サヤに戻ってきた池添騎手。

他に誰も空いていない関係でまわってきた北村友一騎手。ともに2番手グループの筆頭格の馬なだけに、このチャンスをモノにするか否か…注目してみたい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●3冠達成か、それとも!?●

今年の秋華賞の1番の注目はアーモンドアイの3冠がなるかどうか。

これまでのパフォーマンスの高さからすれば達成の可能性はかなり高く、すでに歴史的名馬の域へと達している感すらある。

そんなアーモンドアイに対して大番狂わせを起こせるコンビがいるのかと考えたときに、頭に浮かぶのはやはりベテラン横山典騎手ではないだろうか。

そんな横山典騎手がコンビを組むのがデビュー3戦目からずっと手綱を取っているゴージャスランチ。

これまで8戦してすべてが4着以内という堅実派。

ローズSで4着に敗れたゴージャスランチが秋華賞に出走するためには、8分の4の抽選を突破しなければならなかった。

ただ、この時点で横山典騎手には秋華賞の先約としてミッキーチャームが控えており、また、すでに獲得賞金で秋華賞への出走が当確している、ゴージャスランチに比べて断然優位な立場。

にもかかわらず、横山典騎手はミッキーチャームを断って、抽選対象だったゴージャスランチを選択。

そして、見事に8分の4の抽選をくぐり抜けてゲートインをはたしたのだ。

ゴージャスランチへの想いに秘めた可能性、そして運も持っている。

となれば、大駆けの候補としての選択肢には残してもいいのかも、しれない。


【競馬場から見た推奨馬券】

府中方面は土曜夜半から、午前中にかけて雨予報。頭数が揃わず妙味のないレースが多々あるのに、雨では…。
秋華賞も馬券的な妙味は薄いし、勝負の馬券は来週からに期待した方が良いかも。

とりあえず雨馬場でも良さそうな、東京1R11番ヴァッシュモンから。
デビュー戦は、けっこう評判馬揃いの新馬戦。パドックではあか抜けた馬体が目を引いた。勝った馬は強すぎたが、大外枠のロスが大きいにも関わらず、3着以下は大きく離したように素質の高さは示した。
1ハロン 距離延長となるが、前走が距離ロスがそれなりにあったし、最後まで失速してなかっただけに問題なさそう。何よりも重馬場にて好走実績があることが大きい。

馬連 1-11 6-11
3連複 1-3-11 1-6-11

自信度 C


脚抜きの良い馬場が少し気がかりだが、東京10Rは、10番マイネルクラースでいけそう。2走前の現級勝ちを含め、東京ダート2100mは安定感抜群。凡走は出遅れた2戦だけで、しかも上がりが速くて運がなかった。前走の阪神戦は、調教過程からやや急仕上げの印象があったが、やはりベスト条件の今回に向けての一叩きと見てとれる。今回は万全の態勢に仕上げたはず。
スローで瞬発力勝負になるとまずいが、今回はハイペースで逃げるタガノグルナがいるだけに、スローな流れにはなるまい。
目標のレースで、きっちり決めると見た。

馬連 2-10 4-10 7-10
3連複 2-4-10 2-7-10 4-7-10

自信度 C


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●いい流れのど真ん中!●

いよいよ今週から、暮れのホープフルSまで12週連続GI開催に突入、秋競馬も佳境を迎える。その第一弾は、牝馬3冠最終戦の秋華賞、3冠馬誕生が期待されている今年だが、2番手候補の有力馬ラッキーライラックとサラキアの鞍上が直前週のアクシデントで乗れなくなってしまうという、事件とも言える出来事が起こってしまった。

直前も直前、しかも今週から第3場の新潟も始まりジョッキーが手薄な中なだけに、特にモレイラの予定だったサラキアの鞍上起用は難航した。

外国人騎手の予定だった事もあり、一旦はミルコという話もあった。もともとサトノワルキューレで予定していたのだが回避、その時点ではほかの有力馬はほぼ鞍上が決まっていたことで抽選対象のダンサールの依頼を受けていた。抽選対象なだけに断ろうと思えば断れたとは思うが、先約を優先したこと、そして前走自らで勝たせた馬という思いもあったのだろう、ダンサールの方を選んだ。そして、2分の1の抽選、50%の確率を見事クリアし秋華賞の出走メンバーに飛び込んだ。

2分の1という確率は、白・黒、丁・半、とにかく運命の分かれ目。騎乗予定馬が回避した時を考えれば、いい流れになってきている。それを象徴するのが土曜東京メインの府中牝馬S。ミルコは本来モズカッチャンで出走を予定していたのだが、直前に軽い熱発があり出否が微妙な状況になり、結果的には回避を決めた。その回避が決まるとほぼ同じタイミングでリスグラシューの鞍上が空くという、まさに持っている男っぷりを発揮している。

この土曜日は、ほかにもモレイラが乗る予定だった1R・3R・7Rの有力馬が回ってくるという幸運、まさにそのいい流れのど真ん中。その流れの乗って、土曜日に固め撃ちし、メインの府中牝馬Sも制するようならば、日曜日の秋華賞でも、またも大仕事をやってのけるかも知れない。それほどの流れを掴んでいる様に感じる。間違いなく今週注目のジョッキーだ。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●追い切りは大事です●

栗東から美浦へ。また美浦から栗東へはかなり大変な移動となる。

電車、新幹線、タクシーなどを使って約4時間近くの移動。

ルメールはアーモンドアイのために先週、今週と2度も駆けつけて追い切りに騎乗。

ルメール騎手自身は1度だけでいいのでは、と言ったようだが、厩舎サイドは2週続けて追い切りに乗ってほしい、と強く依頼。ルメール騎手がそれに応える形となったわけだ。

ほかではめんどくさがりで有名な田辺騎手がアドマイヤリードのために栗東へ。

昨年5月のヴィクトリアマイルを制したGⅠ馬だが、それ以降は勝ち星がなく精彩を欠く内容が続いている。

数えるほどしか栗東へ行ったことのない田辺騎手が、厩舎の要望とはいえ、わざわざ栗東まで駆けつけたことは驚きしかない。

それだけの期待があるのか、もしくは、それだけ追い切りの依頼が強引だったのか。

どちらにせよ、あの田辺騎手が栗東へ行ったことは事実。

アドマイヤリードの感触を掴んだことが結果へとつながるかも、しれない。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧