採れたて!トレセン情報

第795回&第796回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●予定の変更は順調さの証し●

3歳勢の有力馬、実績馬の回避が相次いでフルゲートを大きく割る13頭立てとなった今年の天皇賞・秋。

世代間の戦いが見れないのは残念ではあるが、それでも古馬のトップクラスが揃っており、見応えのあるレースが期待できる。

ここで注目したいのは昨年のダービー馬レイデオロ。

秋当初の予定ではオールカマー→ジャパンカップ、状態次第で有馬記念か放牧となるはずだった。

ところが、オールカマー→天皇賞・秋→有馬記念へと予定を変更。

ここにはアーモンドアイが関わってくるわけだが、それはアーモンドアイの次走がジャパンカップとなったので、そうなるとルメール騎手が3冠牝馬とダービー馬のお手馬の予定が重なってしまい非常に難しい2択を迫られることになり、関係者の話ではアーモンドアイを選択する可能性が高いので、ダービー馬が3冠牝馬に断られるという事態になってしまう。

選べる立場のルメール騎手が強い方が選ぶのは当然のことだが、それはそれでダービー馬の評価が下がるうえ、種牡馬としての価値も下がることはオーナーサイドとしては困るうえに、対戦してアーモンドアイに負けることがあると、もっと困ってしまうわけだ。

それに、どの陣営もルメール騎手に乗ってもらいたい、という気持ちが強く、有力馬になればなるほど、ルメール騎手の都合に合わせる傾向が強くなっているのが現状。

例えば、天皇賞に特別登録があったディアドラがそう。

レイデオロが回避となった場合はディアドラがルメール騎手とコンビを組んで天皇賞へ出走、となる可能性が出てきていたが、レイデオロが無事で出走が決まると、何事もなかったかのように天皇賞をパス。

レイデオロも例外ではなく、天皇賞から有馬記念なら、アーモンドアイと予定が重ならうことがないので、すべてが丸く収まる。

予定の変更は簡単なことではないはずだが、そこは藤沢厩舎とノーザンファーム。

むしろレースの間隔が空き過ぎなかったことで調整が楽にできたらしく、また1週前の追い切りでのアクシデントも影響がなかったことは、今週の追い切りで証明済み。

うまく行く時はアクシデントや変更がプラスになるもの、なのかもしれない。


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●世間の評価は下がっているが…●

秋の古馬王道の3冠レース第一弾天皇賞・秋、この後の有馬記念とジャパンカップの賞金が高くなった事で、この天皇賞をパスする陣営も近年は多かったが、今年は平成最後の東京での天皇賞という事もあってか、3歳馬の参戦は無かったものの、昨年の皐月賞馬・ダービー馬・菊花賞馬に加え、今春のGI馬2頭他、計7頭のGI馬に加え、サングレーザー、ダンビュライト、サクラアンプルールはGⅡウイナー、ステファノスもGI2着3回3着2回の実績馬、13頭と頭数は揃わなかったものの実績馬のぶつかり合い、レースは非常に見応えがありそうだ。


前売り1番人気は、前哨戦のオールカマーを快勝した昨年のダービー馬レイデオロ。1週前追い切りでの不安がやや囁かれているものの、それを打ち消すだけの実績はあり、またGI連勝中の鞍上ルメールという事も後押ししているのだろう。

2番人気も同世代のスワーヴリチャード、そしてスプリンターズS・菊花賞とこの秋のGIで人気薄の馬で見せ場以上を演出している武豊騎手鞍上のマカヒキも上位人気に推され、さらにモレイラのサングレーザーと、やはり馬とジョッキーのバランスで上位人気が形成されている。


前哨戦で敗れた事、そして鞍上が北村友一騎手という事もあってか、6番人気と世間の評価は下がっているアルアイン。しかしこの馬もまた、れっきとしたGI馬であり、また人気上位の馬達と好戦している存在には間違い無い。

そもそも、皐月賞を勝っている様に、今回はベストの距離。しかも時計の速い決着は臨むところの類、今の東京の馬場はピッタリだろう。

前走で仕上げ途上のレイデオロに敗れはしたものの、この馬自身も次を見据えた状態だったことは確か。レイデオロと同等上積みはある。そう考えて見れば、距離短縮のぶん、アルアインの方に分があってもいいだろう。

鞍上の北村友一騎手は前走に続く連続騎乗。今年は、先週までに既にキャリアハイとなる75勝をマーク、土曜の新潟でもさらに勝ち鞍を増やしている勢いあるジョッキー。

もともと認められていたところはあったが、最近の活躍で栗東での評判は上がってきており、あとはこの辺りでビッグタイトルを手にすればよりステップアップするというもの。それは本人も意識しており、調教で跨り、前走よりも良くなっている感触を掴んでいるここは相当力が入っている。

先週の菊花賞も富士Sも、その前の府中牝馬Sも毎日王冠も、そして今週も土曜スワンSも、結果的には外国人騎手のワンツー、もうそんな決着には飽きてきたというもの。北村友一騎手には是非一矢報いてもらいたい。


【競馬場から見た推奨馬券】

土曜の朝方は府中も思ったより降ったが、日中はほとんど止んでおり、日曜は晴れ予報。ダートは多少脚抜きが良さそうだが、芝はほとんど降雨の影響はなさそう。
コース替わりで、先週までより更に内の馬が有利と見たい。

東京10Rが勝負できる。ともに新潟の長岡Sで人気を裏切った、2番レッドオルガと9番ミュージアムヒルの巻き返しに期待する。
ともに切れ味で勝負するタイプだけに、重馬場が応えたような気もするが、ミュージアムは少し外を回り過ぎたロスもあった。
ただ、致命的なロスがあったのはレッドオルガの方。抜群の手応えで直線半ばまできて「やられた!」と思ったが、そこからずっと塞がれっぱなし。追えたのはラスト100mの地点。時すでに遅しで、鞍上も諦め気分で追っているように見えた。個人的な見解では、スムーズに捌けていれば突き抜けていたと思う。それだけに、今回は頭から狙いたい。
幸い、今回は良馬場が期待できそう。良馬場という点からもハーツクライのミュージアムより、ディープのレッドオルガの方を上位と見るのが妥当。

3連単 2-9-6 2-9-7

自信度 B


あとは、千直の新潟11Rが面白そう。
アイビスSDから、テンの速さは14番ナインテイルズが断然。他馬の手が動いている中、一頭だけ引っ張ったきり。さすがに千直の鬼ダイメイプリンセスには楽に交わされたが、それまでの手応えが抜群。今回はその鬼が不在なだけに、最後まで自分のペースで競馬が進められると見た。
新潟は土、日ともに雨予報。ただでさえ外が有利な千直。雨が降れば尚更のこと。この枠ならスピード的にすぐに外ラチを確保できそうだし、道悪も2勝しているように苦にしない。千直初挑戦の11番セカンドテーブルが、能力が一枚上だけに怖いが、経験の利、道悪の巧さから優位と見る。

単勝 14
馬連 11-14 12-14 14-16
3連複 11-12-14 11-14-16 12-14-16

自信度 B


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●あと一歩足りないが…●

牡馬クラシック3冠レースも終わり、いよいよ秋競馬も佳境。今週は日曜日に古馬王道の秋の3冠第一弾・天皇賞(秋)が行われるが、土曜日にもマイルCSの前哨戦となる注目のGⅡスワンSが行われる。

例年、頭数もそこそこ揃い混戦の中で争われる事が多いのだが、今年は最終的に11頭立てと、グレード制導入後の1984年以降、1999年の12頭立てを更新する最少頭数で争われる事になった。

その中で、話題の中心は今春安田記念制したモズアスコット、ここで始動戦を迎える。この後はマイルCSを使って、香港マイルに参戦予定というローテーションが早々と報道されているが、当然、この後を考えればここが目一杯では無いことは確か。今年のメンバーの中では実績も能力も断然的な存在で、それでも注目ではあるものの付け入るスキはある。


敢えて注目してみたいのは、関東馬だが栗東滞在しているロードクエスト。この厩舎らしく、早々と栗東に滞在し調整されている。

2015・2016年のものとは言え重賞2勝の実績はGI馬のモズアスコット・レーヌミノルに次ぐモノで、能力的には上位を形成している1頭。

実は、本来は先週の富士Sを予定していたのだが、その富士Sでリーディング上位騎手の確保に奔走していたところ、ミルコ陣営から「スワンSに使ってくれないか…」という打診があり、それでココへの出走が決まったという経緯がある。

5歳を迎えた今年、好走はするものの一歩足りない競馬が続いているが、前走の京成杯AHの2・3着馬が富士Sでワン・ツーを決めている事を考えれば、衰えていると考えるのは早計。この鞍上で、そのあと一歩を詰められる可能性は十分にあるはずだ。

その鞍上ミルコも、わざわざ遠征して来て貰うのだから期するところはあるだろう。

先週のエタリオウといい、先々週のリスグラシューといい、あとわずかのところでルメールにさらわれている重賞制覇、ここは絶好のリベンジの場。勝てれば日曜日の天皇賞へ向けても弾みも付くだろう。そういう面も含めて注目してみたい。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧