日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年9月21日]

G2ならば上位!


土曜中山9R
九十九里特別
チャロネグロ
大舞台への青写真描く
「ひと夏を越して少しからだが大きくなった」と大和田師が語るチャロネグロ。馬体の緩さはまだ残るが、春から見ると確実に成長していると言える。中山で2勝を記録しているように右回りコースが得意な馬で、ここで復帰するのは予定通り。「距離も長い分には心配ないので、久々でも好レースになると思う」ということ。

また、このレースを復帰戦として選択したのは「ここを勝って菊花賞へ、という青写真を描いている」からでもある。この先のG1に出走するならば、ここでは結果が必要。「なんとか頑張ってほしいね」と厩舎の期待も非常に大きい。



土曜中山10R
茨城新聞杯
リヴェルディ
オープンまで行ける馬
ダートならオープン入りも十分に可能なリヴェルディが狙い目だ。古馬と初めて対戦した前走の青梅特別では発馬で後手に回りながらも3着まで追い上げ。力がなければ出来ない芸当であり、ハイレベルなメンバーが揃った1戦で存在感を見せ付ける走りであった。

夏場を休養に充てて3ヶ月ぶりの出走になるが、中川師は「力を出せるデキに仕上がっている。コース、距離ともに問題ないので、どんな走りを見せてくれるか楽しみ」と話している。展開の助けが欲しいタイプではあるものの、1000万のここならばシンプルに脚力が上。



日曜中山9R
初芙蓉S
スターフィールド
賞金加算の好機
前走、新潟の未勝利戦を2馬身半差で楽勝したスターフィールドの連勝を期待する。初戦はまだ仕上がり途上だったが、レースを使った事で状態は上向いてきた。そしてそれは前走後についても同じで、使うごとにどんどんと良くなっていくタイプのよう。

管理する手塚師は「折り合いがつくので距離延長は問題ないし、初めての右回りコースも大丈夫。早い時期に賞金を加算できれば先々が楽しみになるし、なんとかいい結果を残したいね」と語っている。頭数にも恵まれたここは、賞金加算の大チャンス。今後のローテーションのためにもここは勝利を挙げたいところ。



日曜中山11R
オールカマー
アルバート
G2ならば上位!
春の天皇賞以来の5ヶ月ぶりの出走になるが、予定通りの調教を消化して九分通り仕上がったアルバートに期待する。G1では善戦止まりだが、G2は2勝2着1回の成績があり、今回のメンバーでは脚力上位と言っていい。

森助手は「ひと追い毎に体が絞れて動きもよくなっている。G2では力が上なので、初戦から好走を期待」と語っている。勝ち負けにこそ持ち込めていないとはいえ、昨年の有馬記念では勝ち馬からもそう離されていない7着。得意の中山コースならば能力全開となるだろう。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典10月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧