日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年11月16日]

一変しても不思議ない


土曜東京10R
ユートピアS
フロンテアクイーン
いつまでも足踏みできぬ
オープンへの返り咲きを目指すフロンテアクイーンが狙い目だ。準オープンに降級後の2戦は3.2着と惜敗が続いているが、今春にはG3で福島牝馬S2着好走の実績もあり、現級では明らかに能力上位だ。

管理する国枝師は「前走は一瞬勝ったかと思ったが、勝ち馬にうまく内をすくわれてしまった。引き続き状態はいいので、牝馬限定戦に替わった今度は決めてもらいたいね」と語っている。重賞でも善戦できるだけの力を持っている馬だけに、いつまでもこのクラスで足踏みはしていられない。



日曜東京9R
赤松賞
ミュージアムヒル
センスあり期待大きい
ミュージアムヒルが出走した前走は逃げ馬に上手く乗られてしまったが、展開が向かなかった中で2着に追い上げて力のあるところは見せた。管理する古賀慎師としても「若駒にしては競馬センスがよく崩れのないタイプだ」と高い評価を与えている。

また「距離はもっと長くてもいいが、走り慣れているマイル戦なら今回も好レースになる」と、距離に関しても全く不安を持ていないという話。東京も1度経験しているコースで、楽しみの多い1戦となる。


[PR]プロが絞ったジャパンC【鉄板3点勝負】特別無料配信!



日曜東京10R
錦秋S
エキマエ
一変しても不思議ない
前走が超久々の1戦であったエキマエ。結果は7着だったものの、中川師に語らせれば「1400Mの距離も短かったことを考えると、7着でもよくがんばったと思う」という事。1度叩いた事で大分雰囲気は良くなってきており、更にいいパフォーマンスを見せられる可能性が高い。

「2度の骨折があって3年以上休んでいる馬なので、6歳でもまだ馬体は若い。潜在能力は高く、叩いての上積みもあるので、今回は一変しても不思議ない」と大きな期待を持っている事が師の口ぶりからもわかる。能力は勝ち負けになって不思議ないものがあるだけに、一発の魅力は十分だ。



日曜京都11R
マイルCS
イスラボニータ
今年こそ勝利を!
3年連続での挑戦になるイスラボニータを狙う。過去2年は3,2着と惜しいところで勝ちを逃してきたが、栗田博師が「精神的に落ち着きが出て、ほぼ完成の域に近づいてきた」と語るとおり、6歳の今がピークと言える状態にある。

マイル戦での安定した走りには定評があり、ここ最近の戦績の通り大きく崩れたのは進路を確保し切れなかった安田記念のみ。秋2戦目で確かな上積みがあって、仕上がりも万全。今年こそ悲願達成だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧