日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2018年4月19日]

東京まで待って勝負


土曜東京9R
新緑賞
マイネルキラメキ
本当は左回りが得意
初勝利は中山で記録しているマイネルキラメキ。しかし、和田雄師に言わせると「本当は右手前で走るのが得意な馬」とのこと。最後の直線を右手前で走る左回りの方が終いの伸びが良く、現にデビュー2戦目では33秒9の速い上がりをマーク。中山から東京へコースが替わるの大きなプラス材料だ。

もちろん関係者もこの東京を狙ってきており、和田雄師も「距離は長ければ長いほうがいいタイプで、東京の2300Mは絶好の条件。前走(山吹賞4着)以上にやれるはず。力の入る一戦ですよ」とキッパリ。



土曜東京10R
府中S
サンティール
東京一本で待機
昇級戦だった前走の初音Sをクビ差2着に好走したサンティールがクラス2戦目で決めそうだ。その前走は直線で外から突き抜ける勢いで伸びながら、最内を突いた勝ち馬の末脚に惜しくも屈したものの、とは言え、内外のコース取りの差を考えれば勝ちに等しい競馬で、いきなりからクラスにメド。

今回2ヶ月ほど間隔は開いたことについて鹿戸雄師によると「東京を使いたかったので、前走後はここ一本で待機していた」とのこと。続けて「ここに来て心身ともに充実して、期待通りの活躍を見せてきた。状態は絶好だし牡馬相手でもチャンス」とイキナリからの構えだ。


[PR]驚きの穴馬で万馬券も!【天皇賞・春】鉄板3連複10点勝負が無料!



日曜東京9R
石和特別
エフティスパークル
ワケありの敗戦から反撃
ひと息入れて立て直されながら、またも6着と結果を残せなかった前走のエフティスパークルだが、実はワケありの敗戦で、鹿戸雄師も「エビちゃん(蛯名騎手)らしからぬ騎乗で悔いの残るレースだった」と珍しくご立腹。聞くと、勝負どころで他の馬が動いて行ったのに、1頭だけジッとしたまま。結果的に位置取りを悪くしてしまい、最後は脚を余したとのこと。

確かに一緒に動いていればもっと際どい勝負になっていたはずで、悔いの残る競馬となってしまったというのが本音。それだけに今回は反撃に力が入っており「状態は変わりなくいいので、流れに乗れれば十分巻き返せる」と鹿戸雄師。もちろん蛯名騎手も前回を教訓にした競馬をするはずで、ここは雪辱を期す一戦だ。



日曜東京10R
鎌倉S
プリサイスエース
東京まで待って勝負
得意の東京開催を待っていたプリサイスエースの差し切りが期待できる。前走の銀蹄Sは7着も、直線で前が詰まり仕掛けが遅れるロスが響いたものの。3走前の銀嶺Sでは2着しているように、元値の能力はこのクラスでも上位ランク。

奥村武師も「スタートが遅いので今回も後ろからの競馬になるだろうな」と前置きしつつも「でも展開がハマれば十分に勝ち負けは可能。3ヶ月の休み明けでもここを狙って仕上がりは順調。楽しみな一戦」と期待十分。確たる逃げ馬は不在でも、好位で立ち回りたい馬は多く、極端なスロペースにはならない組み合わせ。3走前のようにスムーズな立ち回りが出来れば、まとめて差し切る場面は十分だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

ギャンブル宝典5月号(好評発売中!!)

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧