日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年5月23日]

スパルタで課題解消


土曜東京9R
富嶽賞
スズカゴーディー
スパルタで課題解消
今回と同舞台の東京ダート1400Mで現級勝ちの実績を持つスズカゴーディーの勝機。その現級勝ち後は、力がありながら伸び悩んでいたが、その原因が“出遅れ癖”。それが前走は好スタートから2番手につけ、そのままクビ差の2着と好走。

実は、中間からゲートに縛りつけるなど、かなりのスパルタで駐立の矯正に取り組んでいたが、陣営の努力がようやく実を結んだ一戦となった。出遅れ癖が解消したとなると地力を素直に信頼できるとういうもの。藤圭師も「中間もゲート練習を積んだので、今回もスタートが決まればチャンス」と今度こその構えだ。



土曜東京11R
欅S
アルクトス
東京はパーフェクト
東京ダートは5戦して[4.1.0.0]のパーフェクト連対を誇るアルクトスでもう一丁。オープンへの昇級初戦こそ6着も、2戦目の前走は好位から楽に抜け出しての完勝。関係者も「背腰に力がついた。本当に充実している」と成長ぶりに確かな手応え。

今回はデビュー戦以来の1400M戦となるが、先行力があって立ち回りも上手な馬だけに距離短縮は心配なし。栗田徹師も「引き続き状態は安定しているので、今回も楽しみ」と連勝を狙っている。


[PR]馬券のプロが相手を絞った【日本ダービー・3連複10点勝負】で回収率を上げろ!!



日曜東京9R
薫風S
スウィングビート
東京マイルは負けられない
東京マイルを狙って勝ちに来たスウィングビートに期待する。前走の前走の立夏Sは、大外枠で道中は外々を回るロスが響いたが、それでも最後は半馬身差の2着まで追い上げた競馬は、改めて力を示したと言える。

今の安定ぶりに関係者も「ここに来て体力がついて、一戦毎に充実してきた」と言えば、加藤征師も「ベストの条件だし、スムーズな競馬ができれば今度こそだね」とキッパリ。全3勝を挙げている東京マイルなら、もう負けられない。



日曜東京12R
目黒記念
ブラストワンピース
G1馬の復活はココ
前走の大阪杯は不本意な結果に終わったブラストワンピースが巻き返す。その大阪杯は発馬で後手に回って位置取りを悪くした上に、外を回る大味な競馬で6着に敗れたが、本質的に阪神内回り2000Mが合わなかった印象だ。

その点、今回はジックリ構えて乗れる東京芝2500Mに替わるのは好材料。大竹師は「今週のひと追いで態勢は整った。59キロとハンデは重いけど、地力に期待したい」とキッパリ。

ちなみに、この後は札幌記念をステップに凱旋門賞を視野に入れている馬。その凱旋門賞は59.5キロを背負うだけに、斤量で泣き言は言っていられないところ。ここはG1馬の地力を見直したい。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧