日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年5月25日]

師の期待馬が砂で変身


土曜東京9R
富嶽賞
メイスンスパート
久々で状態フレッシュ
昨秋の復帰戦以降はバツグンの安定感を見せていたメイスンスパート。前走を勝った後は放牧に出してひと息入る形となったが「使い込むとテンションの上がる馬なので、精神状態がフレッシュな久々の方がいいと思う」というのが岩戸師の言葉。休みなく使われていた中でも500万を勝ちあがったように、能力はこのクラスでも通用するものがある。

今回は昇級戦になるが「相手なりに走るタイプだし、先週の日吉特別を5着したララパルーザよりも能力は高いと思っている。いきなり勝ち負けしても不思議じゃないよ」と強気な言葉が並んだ。



土曜東京10R
葉山特別
ベストドリーム
ベスト条件でもう一押し
前走が惜しい形での4着であったベストドリーム。少々レース間隔は開いたが、仕上がりは問題ない。「前走もいくらも負けていないし、このクラスでも十分に力は通用する」と、中川師は強気の姿勢だ。

3勝を記録している東京のマイル戦はベストの条件で、「終い一手で自分でレースが作れないタイプだが、展開の助けがあれば勝ち切ってもいい」という話。東京の長い直線を味方に決め手を発揮することが出来れば、間違いなく上位争いが出来る存在である。


[PR]【ダービー】は3点で30倍が狙える!その理由を無料公開!



日曜東京9R
むらさき賞
ストレンジクォーク
昨年惜敗のリベンジ
昨年のこのレースでは1分45秒1という好時計をマークして、2着に好走しているストレンジクォークに注目。前走の春興Sではキャリア16戦目にして初めてのマイル戦だったが、中団から脚を伸ばして3着と十分に見せ場を作った。

管理する小島太師は「前走は流れが向かなかったことを考えれば頑張ったと思う。暖かくなって状態は上向いており、距離が1800Mに延びることも好材料」と語っている。今春に1000万勝ちがあるように、東京コースはベストに近い舞台。昨年以上の走りも期待できる。



日曜東京11R
薫風S
レッドオルバース
師の期待馬が砂で変身
ダートに矛先を向けられてから2連勝で準オープンまで駆け上がってきたレッドオルバース。実は、このダート転向は以前から師の選択肢の一つで「ダートは走ると思って以前から暖めていた馬なんだ」と明るい表情で語っていた。

「さすがに準オープンまで来ると骨っぽい馬が多いから3連勝はどうかなとも思うけど、ポンポンと連勝してくれた通りダート適性は高いね。今回も期待したい」と、再びの昇級戦となる今回もかかる期待は大きい。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典6月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧