日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年1月17日]

重賞勝ち馬と互角の力


土曜中山9R
若竹賞
ヒシイグアス
重賞勝ち馬と互角の力
前走の未勝利戦を3馬身差で圧勝したヒシイグアスの連勝に期待する。その前走はハナを切って、なおかつ最速上がりをマーク。これでは後続に為す術なしで、文句なしの勝利。

もともと2着に敗れたデビュー戦の勝ち馬は先週の京成杯を勝ったラストドラフト。その強敵相手に同タイムと互角の競馬なら、本馬の潜在能力も間違いなくオープン級だ。森助手は「中間は在厩での調整。いい状態を維持できている。素質は高く昇級でも好勝負になる」とここは通過点の構え。



土曜中山10R
初茜賞
ゴライアス
狙った千八で反撃
適距離に戻りゴライアスの巻き返しを期待したい。昇級の前走は3着も、初距離の2100M戦でのもの。好位2番手で上手な立ち回りで直線を向いた時は、関係者も勝利を確信したが、結果は最後で甘くなり、2着もキープできずの3着まで。

このレースに関係者も「2100Mは長かった」とガックリ。そこで今回は早くからこの中山ダート1800Mへ照準。高木師も「ひと息入ったが、これはいつものことで仕上がりは順調。クラス自体はメドが立っているし、適距離で改めて」と反撃態勢だ。


[PR]【1日1鞍の渾身予想】2月10日まで特別無料配信!AJCCの関係者情報も無料!



土曜中山11R
初富士S
レッドローゼス
師「今度こそ決めたい」
現級でも安定した力を誇るレッドローゼスを狙う。前走のウェルカムSは、2番手につけてスムーズな競馬はできたが、最後は切れ味のある馬は交わされて3着敗戦。一瞬の速い脚に欠けるため、瞬発力勝負になりやすい東京ではやはり分が悪かった。

それが今回は3戦して[1.2.0.0]している中山コース。こうなると話は別で、国枝師も「前走後も変わりなく来ているので、極端に上がりの速い競馬にならなければ楽しみ」とキッパリ。そして締めには「今度こそ決めたい」といつもの強気な国枝節。いよいよ惜敗にピリオドを打つ番だ。



日曜中山10R
アレキサンドライトS
サイドチェンジ
昇級でも要注意
前走が2着にコンマ3秒差。完勝と言える強い競馬だったサイドチェンジが昇級でも面白い。中山ダート1800Mは全3勝をマークしているベスト条件。

関係者は「今回は1600万への昇級。時計ももうひとつ(1秒)詰める必要があるかな」と言いつつも「中1週でも高いレベルで安定しているし、乾燥して徐々に時計が掛かかるようになってきたのは好材料。どんな競馬ができるのも強みだし、チャンスはある」と色気タップリ。頭数が手頃なここは緩ペースで先行できる場面は十分。これは要注意の1頭だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧