レース適正データ

2月26日(日)

第91回 中山記念(GⅡ) 中山11R 芝1800m

◎:3pt ○:2pt △:1ptでポイント換算 PDFはこちら


データからの結論

◎リアルスティール ドバイターフ(GⅠ)でGⅠ馬の仲間入りを果たし、昨年の天皇賞・秋でもモーリスの0.2秒差2着とこのメンバーの中でも実績は十分。芝右周りは[1.4.1.0]連対率83.3%、芝1800mは[2.1.1.0]連対率75.0%、1-3月に関しても[1.1.1.0]連対率66.7%、[4-6]枠時も[1.2.0.0]連対率100.0%と連対率の高さが並ぶ。ここは通過点

○ヌーヴォレコルト このメンバーに入るとやや人気は落ちそうだが、実際の評価としては上位。牝馬で牡馬相手に善戦してきた経験が活るか。データは少ないが、中山芝は[1.1.0.0]で連対圏は外していないし、同舞台の条件でも勝鞍がある。[1-3]月も[1.1.0.0]だし、[7-8]枠時も[2.2.0.1]連対率80.0%と食指が動く

▲アンビシャス 別定戦では[1.2.2.1]で馬券外は1度だけと堅実。枠に関しても4枠から外の方が内枠時より連対率は高い。上がり3F3位以内率は61.5%とツクバアズマオーに次いで高いので、同馬としては瞬発力勝負になったほうが良い。馬場も良馬場が見込めそうでプラス

△ヴィブロス 昨年の秋華賞馬がここから始動。相手はかなり強化される。歴戦の古馬と比較すると、やはり劣る部分は出て来るが、それでもトップ評価項目が2つ付いているので馬券の押さえには必要か。ここが試金石の一戦

☆サクラアンプルール まず人気はないでしょう。それでも中山芝実績は[3.0.1.0]連対率75.0%でトップ評価だし、関東圏では[3.2.1.3]で連対率は55.6%あり見限りは…。良馬場で[3.2.1.2]連対率62.5%も上位馬と遜色ない数字ではあり、中山芝1800mでも勝鞍があるあたりは怪しい。馬券の最後の最後に入れてみる手も

[参考]
3連単1頭軸マルチ
[4] - [3][5][7][10](36点)


■中山記念(GⅡ)
騎手データレース攻略レース適正対戦成績
■阪急杯(GⅢ)
騎手データレース攻略レース適正対戦成績
■アーリントンC(GⅢ)
騎手データレース攻略レース適正対戦成績


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典3月号(2月19日発売!!)

コンテンツ一覧