日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年5月18日]

今度は完全燃焼を


土曜東京9R
カーネーションC
イストワールファム
視線の先は既に秋
前走の忘れな草賞はやや重馬場が響き伸びを欠いたイストワールファム。終いのキレ味がセールスポイントで、良馬場でこそのタイプ。それだけに、渋った馬場で自慢のキレを削ぎ落とされる形となった前走の敗戦は致し方ないところではある。

同馬を管理する古賀慎師は「素質的には500万の馬ではないし、今回と同じ東京1800Mで未勝利を圧勝した馬。秋に向けてここはきっちりと結果を出してほしい」と話す。今週行われるオークスに出走することはできなかったが、既に先を見据えている素質馬だけに、ここは勝利という結果が欲しいところだ。



土曜東京11R
メイS
アストラエンブレム
軌道に乗った良血馬
オープンに昇級して2戦目だった前走・大阪城Sを勝ったアストラエンブレムに注目。その前走ではメンバー最速タイの上がり32秒8の末脚を繰り出して、ゴール前でキッチリ他馬を差し切る好内容であった。

初めての1800M戦を克服したのは大きな収穫で、期待の良血馬が完全に軌道に乗ってきたと言える。小島茂師は「ハンデは少し見込まれたが、引き続きデキはいいので楽しみ」と大きな期待を持っている様子であった。



日曜東京8R
日吉特別
レレマーマ
昇級でも好勝負
前走が圧巻の内容だったレレマーマに連勝のチャンス到来。前走は好スタートからハナに立つと、道中から全くの一人旅。直線に入って軽く気合をつけると後続を一気に引き離し、ゴールでは2着馬に6馬身差をつける楽勝だった。

管理する国枝師は「長期休養明けを使いつつ、ようやく馬がよくなってきた」と語っており、前走のパフォーマンスこそがこの馬の真の実力。今回は1000万条件への昇級戦となるが、前走と同じ東京ダート1400M戦なら引き続き好勝負になるはずだ。



日曜東京10R
フリーウェイS
ドーヴァー
今度は完全燃焼を
ドーヴァーの前走・春興Sは、中山最終週ながら極端に時計の速い馬場だった。ペースが上がった3コーナー過ぎで一瞬モタついたこともあって4着に敗れたが、前が止まらない馬場を考えるとこれは仕方のない結果と言えるだろう。

現級2着の実績もある通り、このクラスでも安定した走りを見せることが出来ている。前走が不完全燃焼だったということもあり、伊藤圭師は「コース替わり、距離短縮は問題ないので、改めて期待したい」と巻き返しに意欲を燃やしている。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典7月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧