日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年8月17日]

1年ぶりの勝利を


土曜新潟10R
苗場特別
アシャカダイキ
1000万でも見劣らない
オープン特別に格上挑戦した前走後は放牧に出して新潟開催に備えてきたアシャカダイキ。3ヶ月ぶりでも仕上がり早の牝馬できっちり体は出来ており、2戦2勝の好成績を誇るベストの舞台であるダート1200M戦で、改めて進撃開始の準備が出来ていると言えよう。

今回は初めて古馬と対戦することになるが「もちろん力関係はカギになるが52キロの軽量なら十分にチャンスはあると見ている」と、担当する千葉助手は強気な発言。前走にしてもベストとはいえないマイル戦で、ハイレベルなメンバーが揃う番組ながら5着健闘。1000万でも見劣る存在ではない。



土曜新潟11R
日本海S
グランドサッシュ
昨年以上の期待
休み明けを2戦して5→3着と調子を上げてきたグランドサッシュが狙い目だ。このレースは昨年も3着好走の実績があるが、武市師は「順調なステップを踏んで使われてきた分昨年よりも今年の方がいいデキで臨める」と、状態面の良さを強調している。

「最近は少しズブさが出てきたので、前走から距離が1ハロン延びるのも好材料」と語っている。ここは少頭数と条件にも恵まれ、昨年以上の走りが見られそうだ。



日曜新潟9R
村上特別
サトノキングダム
ここならば格が違う
1000万からの降級馬であるサトノキングダムを本命に推す。前走の調布特別は連戦の疲れがあって5着に敗れたが、1000万で2着3回の実績を考えれば、ここでは明らかな格上馬だと言える。

管理する国枝師は「前走後は放牧に出して馬体を立て直した。仕上がりは順調なので、今回は力の違いを見せてほしい」と期待が大きい事がわかる口ぶりであった。3歳春に連勝を飾った際にはクラシック候補との呼び声も高かった存在。仕切り直しの1戦となるだけに、なんとしても結果がほしいところだ。



日曜新潟11R
NST賞
エイシンローリン
1年ぶりの勝利を
昨年の勝ち馬エイシンローリンの連覇を期待する。昨秋の室町S2着以来、実に10ヶ月の休み明けになるが、これまでの休み明けでは[4.0.0.1]という好成績を残しており、鉄砲駆けする事で知られている。幸い、今回は同型の逃げ馬が見当たらず、展開も有利に働きそう。

1年ぶりに手綱を執る津村騎手は、昨年の当レースで本馬に跨って勝利へと導いている張本人。持つ力を知り尽くしている故に「息さえ持てば初戦からやれそう」と語っており、得意の休養明けでの1戦でいきなりから結果を残す事が期待されている。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧