日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年9月7日]

叩き2走目で上昇一途


土曜中山9R
アスター賞
ルッジェーロ
前走は8分でも自信があった
「前走は8分のデキでも勝てる自信があった」というルッジェーロの鹿戸雄師。そんな大きな自信があったので「まだビッシリと仕上げてなかった」というのが師の本音であり、2走目となる今回は大きな上積みが期待できる状況。

その初戦はスローペースで流れたため勝ち時計こそ強調できるものではないが、内容的には完勝と言える強い競馬。「今回はひと叩きしての変わり身が大きく、気配は一変している。距離延長も問題ないので、連勝を期待したいね」と引き続き師は期待を寄せていて、その目には連勝の2文字が浮かび上がっている。



土曜中山10R
鋸山特別
アンプラグド
待ってましたの中山開催
夏の新潟開催は休養に充てて、実績のある中山開催に備えていたアンプラグドを狙う。前走の天の川賞は距離が微妙に短く、福島コースの小回りも末脚勝負のこの馬には忙しかった印象だ。それでいて勝ち馬からコンマ4秒差の3着ならばクラスにメドは立ったと言えるだろう。

管理する大和田師は「3走前に中山で勝ったときのような競馬が出来れば楽しみ」と期待を寄せており、狙っていた舞台での競馬でいきなりから結果を残そうという考え。頭数にも恵まれて、競馬がしやすい組み合わせにもなったと言える。



日曜中山9R
木更津特別
キャプテンペリー
教えてきたことが結実
「以前は折り合いの難しさがあったので前に行く競馬をしていた」と岩戸師が語るキャプテンペリー。そんな課題を持っていた馬だったが「時間をかけて抑える競馬を教えてきたことが実を結び、ようやく期待通りの活躍を見せてきた」と、大きな成長を感じているようだ。

また師は「57キロとハンデは重いけど、1000万なら力は上位。休み明けでも仕上がりは問題ないので、チャンス十分だと思う」とも語る。確かにハンデ戦という事もあって斤量関係は1つのポイントになるが、それをクリアするだけの力を持っているのも事実。2度目の現級勝ちを狙っている。



日曜中山11R
京成杯AH
ダノンプラチナ(出走取消)
叩き2走目で上昇一途
休み明け2戦目のダノンプラチナが狙い目と見る。前走の関屋記念は10ヶ月ぶりの実戦で、プラス12キロの馬体重が示す通りまだ重め残りだった。もうひと息伸びきれずの5着に敗れたが、今回は馬体が引き締まり大幅に状態が良化してきた様子。

管理する国枝師は「昨年3着した時よりも状態はいいので、今後に向けて賞金を加算したい」と語っている。2歳時には3連勝でG1も制したほどの実力馬。本来のデキさえ戻っていればもちろん実力はメンバー中1,2位を争うものを持っている。良化の見られる今回は前進必至だろう。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

全国書店にて好評発売中!!

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧