日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2018年5月3日]

出走時は常に勝負


土曜東京9R
立夏S
エニグマ
ここなら差し切りまで
休み明けを叩いたエニグマ陣営のトーンが高い。前走の鎌倉Sは1着が3番手、3着は2番手追走から粘り込む前残り決着。それを35秒3の脚で追い込んでの2着したことを陣営も高評価。

高橋文師も「中1週でも疲れはないし、むしろ久々を使って更に状態は上向いている。脚質的に展開に左右されがちな面はあるけど、少しでも前が流れてくれればチャンス」とキッパリ。その思惑通りに今回はアースコネクターをはじめ先行タイプが揃い速い流れは確実。展開はお誂え向きで、自慢の末脚を発揮できればまとめて差し切る場面は十分だ。



土曜東京11R
プリンシパルS
コズミックフォース
ダービー2頭出しへ
今回と同じ東京芝2000Mで未勝利勝ちしているコズミックフォースが狙い目だ。関西に遠征した前走のすみれSは5着に敗れたが、関係者によると「輸送で12キロも体重を減らしたのが響い」とのこと。2走前の京成杯では、皐月賞3着ジェネラーレウーノとコンマ1秒の接戦を演じた実績からも、前回が力負けでないことは明らか。

輸送距離の短い東京なら見直しが必要で、国枝師も「放牧に出して立て直した。改めて期待したい」と反撃に意欲。厩舎はすでにオウケンムーンがダービーにスタンバイしているが、優先出走権を確保しての2頭出しが青写真。



日曜東京9R
湘南S
イストワールファム
東京で連勝目論む
キャリア8戦中6戦が東京のイストワールファム。前走のテレビ山梨杯は、2着を3馬身半ちぎる楽勝で、その後ひと息入ったが、もちろんここは東京を狙い澄ました復帰戦。

久々のマイル戦も競馬センスのいい馬なので特に問題はないとのことで、古賀慎師も「馬が全体的にシッカリして確実に力をつけている。前回の内容なら昇級しても力は即通用すると思う。得意の東京戦に備えてキッチリ仕上げたので連勝を期待したい」と自信ありのコメントだ。



日曜東京12R
立川特別
ブロードアリュール
出走時は常に勝負
体質が弱く休み休みでしか使えないブロードアリュールだが、それだけに使ってきた時は常に勝負態勢。今回も3ヶ月ぶりの休み明けになるが、陣営も仕上げはお手の物で「久々を苦にしない馬なので、初戦から力は出せる」と尾関師もデキに太鼓判。

これまで4戦のキャリアで2勝3着2回の戦績を残しており、昇級で3着した前走からもクラスには完全にメド。依然として底を見せていない点は大いに魅力で、最も競馬がし易い東京ダート1400Mでクラス2戦目なら前進は必至だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧