日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2018年8月9日]

ゲート決めて巻き返す


土曜新潟9R
三面川特別
ヒストリア
久々こそ狙い
2ヶ月ぶりの1戦にはなるがヒストリアが狙い。使い込むと背腰に疲れが出る馬なので、前走後は放牧に出してリフレッシュ。久々でも仕上がり良好で、関係者も力を出し切れると踏んでの出走だ。

「東京の1800M戦で500万、1000万を連勝した馬。同じ左回りで直線の長い新潟外回りコースという条件はこの馬にとってピッタリの条件だと思う。既に勝っているクラスだし、牝馬限定ならチャンスは十分だろう」というのが栗田徹師の見解。持つ決め手を存分に発揮することができるこの条件ならば、鋭く差し込んでくることができるはずだ。



土曜新潟10R
麒麟山特別
アナザートゥルース
降級すれば負けられない
去勢効果が大きく、安定して走れるようになったアナザートゥルースを本命に取り上げる。3走前に1000万を勝ち上がると、準オープンに昇級したここ2戦も連続2着に好走。その充実ぶりには目を見張るものがある。以前に見られた気の悪さが去勢で解消され、走りに集中できるようになったのが躍進をサポートしている。

本馬の兄はJBCクラシックなどで幾度となく的中に貢献しているサウンドトゥルー。ダートの一線級で活躍している実力馬の半弟なのだから、血統背景から見ても将来性は十分と言えるだろう。57.5キロのトップハンデでも、降級戦の今回は負けられない1戦と言ってもいいほど。



日曜新潟9R
豊栄特別
モアナ
力関係は相当有利
準オープンから降級するモアナを狙い撃つ。前走の錦Sは不良馬場に脚を取られながらも3着に好走。クラスにメドを立てながら、今回はクラスが1000万に下がるのだから、力関係を考えれば相当に有利な1戦であると言える。現級勝ちした1月の東雲特別では、雄今週の関屋記念に出走するショウナンアンセムを負かしており、今回のメンバーなら間違いなく力は上位。

管理する高橋文師は「久々でも仕上がりは順調。ハミを噛むクセがあるけど、スムーズに折り合えば好レースになると思うよ」と自信ありの表情。キャリア11戦で馬券圏を外したのはわずかに2度のみ。高い安定感はここでも発揮されるはずだ。



日曜新潟10R
柳都S
ミッシングリンク
ゲート決めて巻き返す
ミッシングリンクにとって降級戦だった前走の安達太良Sは、スタートで躓いて落馬寸前の致命的不利。「ダメージがなかったのが幸い」と関係者が口を揃えるほどの大きなアクシデントで、参考外の1戦であったと言える。むしろ、勝負どころからポジションを押し上げていって、見せ場をつくるシーンがあったところを高く評価すべきだろう。

「最近は発馬が良くないところもあるので、この中間はスタート練習を積みながらの調整。状態は悪くないし、現級では力も上位なのだから、スタートを決めて流れに乗れれば十分に巻き返せるはずだよ」と管理する斎藤誠師。今年1月に格上挑戦ながら重賞を精している実力を考えれば、スタート五分ならここで足踏みをするような馬ではない。

<PR>ホースメン会議

<今週の裏ネタ>
読者の方にお知らせです。

<今週の裏ネタ>を寄稿してくれている<堀内泰夫>が在籍するホースメン会議では、馬券のプロ集団によるレース分析をはじめとした予想に役立つコンテンツが無料で公開されています。ご興味のある方は、ご覧になってみて下さい。

アカウントを登録すると、【先取り重賞情報】・【厳選レース前日情報】などのコンテンツが無料でご覧になれます。

さらに、今回登録をして頂いた方には、【札幌記念・鉄板3点勝負】を無料で配信して頂けるようです!

『プロ集団の馬券』にご興味のある方は、下記の「イメージバナー」からアカウント登録をしてみて下さい。

折り返し、ホースメン会議から「確認メール」が配信されますので、メールの内容に沿ってお手続きを進めて下さい。



上記は【ホースメン会議】を初めてご利用頂く方に限ります

※ 当該PRのご利用につきましては、個人の責任において、ご利用になるようお願いいたします。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧