日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年9月5日]

視線の先はすでにG1


土曜中山10R
木更津特別
スイートセント
狙い定めた開幕週
休養を挟みつつ目下、未勝利⇒1勝クラスを連勝中のスイートセンスのもう一丁がありそうだ。2戦ともに好位追走から危なげなく抜け出し、終いもまとめるセンス抜群の走りで、2勝クラスへ昇級しても力は即通用するが関係者の見立て

栗田徹師も「繊細な牝馬でまだビシビシ攻められないが、そんな中でも結果を出しているのだから、秘めた能力はかなりのものがある。休み明けでも、この中山を目標に調整してきたので好レースを期待したい」とキッパリ。狙い定めた開催場替わりの開幕週で3連勝も十分だ。



土曜中山11R
紫苑S
パッシングスルー
権利獲りへ全力投球
秋華賞トライアルの紫苑S。実績馬の中には叩き台ムードもいて、厩舎の思惑は様々。ここは前走で2勝目をマークしたばかりでも、仕上がりの良さが目を引くパッシングスルーを狙い撃つ。

ここ3週で連続して追い日に坂路で2本乗りを実施(普通は1本)し、1週前は51秒5、今週も52秒7の好時計を記録と万全のデキに仕上がった。黒岩師も「強い負荷をかけて攻めてきたので、馬がシッカリしてきた。結果を出して秋華賞の権利を獲りたい」と力を込める。ここは権利獲りへ向け、全力投球の1戦だ。



日曜中山9R
習志野特別
サトノエルドール
視線の先はすでにG1
初勝利に7戦を要しながら、1勝クラスは2戦で卒業とサトノエルドールがいよいよ軌道に乗ってきた。前走の出雲崎特別にしても、スローペースの行った行ったの展開を、好位からねじ伏せる強い競馬。「ここに来て体質が強化され、一戦ごとに力をつけている」と陣営も愛馬の成長に確かな手応え。

自在に動けるようになったのも好材料で「昇級でも今の充実ぶりならヒケは取らないし、勝って是非、菊花賞に挑戦させたい」と佐藤助手。ここは通過点と言わんばかりで、視線の先はすでにG1を見据えている。



日曜中山10R
外房S
オルトグラフ
2戦目で前進あるのみ
休み明け、初古馬相手、デビュー戦以来の1200Mと厳しい条件だった前走のオルトグラフ。陣営も能力は買っていても、さすがに期待半分、不安半分といったムードだったが、レースでは発馬で後手に回りながらも、勝負どころから渋太く脚を伸ばす見せ場十分の3着。

いきなりクラスにメドを立てる走りで改めてポテンシャルの高さを実証した。池上和師も「久々を叩いて状態は確実に上向いている。ある程度の位置で流れに乗れれば勝ち負けが望めそうだ」とキッパリ。叩き2戦目、クラス2戦目、そして1200Mへの続戦となるここは前進あるのみ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧