日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年04月02日]

状態はグンとアップ!


日曜中山11R
ダービー卿CT
シャイニープリンス
状態はグンとアップ!
追い切りで軽快な動きを見せたシャイニープリンスに期待。その追い切りは横山典が騎乗し、ウッドの併せ馬で力強く追走先着。中2週での出走になるが、状態は間違いなく前走以上。

中山のマイル戦は前走の東風Sでも2着しているようにベスト条件。厩舎もエース格イスラボニータが大阪杯を回避するアクシデントがあっただけに、この馬の重賞初制覇で嫌な流れを払拭したいところだ。



日曜中山9R
千葉日報杯
カカリア
相手恵まれ前進必至
1月の中山から3ヶ月ぶりの実戦となるが、関係者によると「中間ザ石のアクシデントがあった」との事。それだけに状態面がポイントとなるが、牝馬でもともとが仕上がり早で、日曜にポリトラックで5F61.3秒の猛時計。態勢は問題なく整ったようだ。

ここは近況不振の馬が多く、一部では「対戦相手に恵まれた」との声も。ここ2戦は中山で連続3着と惜しい競馬が続いているが、今回は前進必至と見る。



日曜中山10R
伏竜S
クロスクリーガー
未知の魅力一杯
ダートではまだ底を見せていないクロスクリーガーが狙い目。前回のヒヤシンスSは3着も、勝ち馬が先日のUAEダービーでも3着したゴ-ルデンバローズだけに、相手が悪かっただけ。

脚抜きのいいダートとは言え、樅の木賞の勝ち時計ダート1800M1分51秒8はは優秀で、スピード能力はここでも一枚上だ。中山向きの先行力があり、週末の天候次第で馬場が渋るようならば、さらにチャンスが膨らむ。



土曜中山11R
船橋S
ネロ
コース相性抜群!
関西馬ながら関東圏で7戦とキャリアの約半分を走っており、関東でもお馴染みのネロに注目。中でも中山芝1200Mは3戦して1勝2着1回と好相性で、前走はここまでの不振が嘘のような一変の走り。

春の中山で準オープンの芝1200Mは、前回のアクアマリンSと、この船橋Sだけ。中4週開けてココはいかにも“狙った鞍”。ハンデ戦から定量戦に替わるのも好材料で、引き続きチャンスは十分。



土曜中山10R
安房特別
ディスキーダンス
いよいよ本格化気配
休養から復帰後は5→2着と昇り調子のディスキーダンス。その前走、潮来特別(1万1600円的中)は、3馬身引き離した勝ち馬は別格も、向正面から長く良い脚を使って、最後は横一戦の争いから力強く抜け出し2着浮上。奥手の素質馬が完全に本格化した感。前走と同じ中山芝2500Mなら、今回も勝ち負けだ。



土曜中山9R
山吹賞
グレーターロンドン
勝って青葉賞へ!
大竹厩舎と言えば、今年は3歳世代が当たり年で、先週までに8頭が勝ち名乗りを挙げている。中でも3戦3勝で桜花賞でも有力視されているルージュバックが筆頭だが、牡馬の注目は新馬戦が期待通りの強さだったグレーターロンドン。

まだキャリアは1戦1勝だが、陣営は「ここを勝って青葉賞からダービーへ」の青写真を描いており、ここは通過点と言わんばかり。遅れてきた大物の走りに注目。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧