日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年04月23日]

東京で権利獲る!


土曜東京9R
新緑賞
マッサビエル
東京替わりで勝ち負け
新馬勝ちに続き、昇級初戦の水仙賞でもクビ差2着に好走したマッサビエルの素質が、ここでは上位。514キロと大型馬のため、コーナーでモタつき気味になりながら、ハミを取ってからの伸び脚は実に力強い。東京は初めてだが、いかにも広いコース向きだけに、この条件替わりは間違いなくプラスだ。
小笠師も「レースを使いつつ、体の緩さが解消されてきた。極端な高速馬場にならない限り、今回も勝ち負けできるはず」と自信ある口ぶり。



土曜東京10R
鎌倉S
サルバドールハクイ
中山よりは東京向き
前走の春風S4着について「直線で窮屈になりながらも、外に持ち出してからは良い脚を見せた。スムーズならチャンスはあったはずで、残念な結果になってしまった」と相沢師。しかし、今回は「中山よりは東京向きなので改めて期待だね。オープンへ行ける馬だと思っているので、今度は決めて欲しい」と巻き返しに意欲を見せている。



日曜東京9R
石和特別
ディアデルレイ
血統馬が上昇中
デビュー勝ちを収めながら、なかなか軌道に乗れずにいたが、休み明けの前走を3着に好走。名牝ディアデラノビアの子供らしく、徐々に良さが出てきたディアデルレイが注目馬。
今週はウッドで僚馬と併せ、余力十分に追走同入。明らかに素軽さを増しており、前進は必至だろう。牧師も「前走でクラスにメドはついた。久々を叩いての上積みは十分で、今回は勝ち負けを期待」と語っている。



日曜東京11R
フローラS
ディアマイダーリン
東京で権利獲る!
2戦2勝の東京コースに替わって、ディアマイダーリンが絶好の狙い目。前走のフラワーCは4カ月の休み明けで3着に敗れたが、実は脚元がモヤモヤしていたようで、様子を見ながらの調整。それで3着なのだから能力の裏付けは十分だろう。
菊沢師も「馬体が絞れてきたのは好材料。牝馬にしては馬格があって、少し器用さに欠けるので東京向き。本番(オークス)の権利を獲りたい」と意欲を見せている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧