日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年05月07日]

負ける気がしない


土曜東京9R
高尾特別
トーキングドラム
距離短縮も問題なし!
5歳馬でありながらも、1年9ヶ月の長期休養もあり、キャリアはまだ6戦。今年に入り戦線復帰を果たしたが、3戦全て馬券圏内と充実期を迎えた印象でさらなる上積みもありそうだ。

斎藤誠師は「前走は押し出される形で前に行く不本意な競馬にはなったが、ゴール前まで粘ったように現級でも通用する力を見せた」とここなら勝負になることを強調。1ハロンの距離短縮に関しては「2走前に乗ったベリー騎手が『マイルは少し長い』と言っていたので、1400Mに距離が詰まるのはプラス」と断言。しっかりと勝ち切ることが出来るかが焦点だ。



土曜東京10R
緑風S
モビール
衰え知らずの7歳馬
年明けの3戦を3、2、2着に好走しているモビールが依然として元気いっぱい。成長力に富むハーツクライ産駒らしく、7歳になった今でも進化を続けており、衰えは全く感じない。

武市師は今の充実ぶりについて「使い減りしなくなってコンスタントに力を発揮出来るようになった」と分析。今回のレースについても「上がりの速い競馬にさえならなければ、十分に勝機はあるので楽しみ」と笑顔を見せていた。



日曜東京9R
湘南S
レッドセシリア
中山パスして東京狙い!
これまでの4勝の内、3勝が東京マイル戦で、今回は格好の舞台になる。勿論、陣営も、ここを狙い撃ってきたのは間違いのないところで、鹿戸雄師は「中山開催をパスしてこのレースに備えてきた」とハッキリ言い切った。

2ヶ月半ぶりの実戦に関しても「仕上がり早のタイプできっちり体は出来ている」と不安はないことを強調し、続けて「牡馬相手でも良馬場でやれれば十分にチャンスはあるよ」と自信の表情で語っていた。



日曜東京11R
NHKマイルC
ミュゼスルタン
負ける気がしない
実力が拮抗し、混戦模様の3歳マイル王決定戦。これを一刀両断するのは長期休養明けをひと叩きされたミュゼスルタンだ。レコード決着の新潟2歳Sを制した実績からもマイル適性は相当に高いことが窺える。

その後、一頓挫はあったものの、前走のスプリングSを使われたことで状態も大幅に上向いてきた。大江原師は「負ける気がしない」という強気のコメントを残しており、信頼を置きたいところだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧