日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年05月28日]

素質馬が本格化ムード


土曜東京10R
薫風S
ワンダーロード
距離短縮で新味を
2連勝で準オープンまで駆け上ってきたワンダーロード。ここまでの4勝はいずれもダート千八で、これが適条件のように感じるが、尾形充師はそれをバッサリ否定。「前走も千八で勝つには勝ったが、手応えのわりには最後甘くなっての辛勝だった。上のクラスで戦うには千八は長い」とのことで、今回の距離短縮は番組がないためではなく、あくまでも狙い打ってきたことを強調。

「元々、能力自体は高く評価していたからね」と指揮官お墨付きの素質馬が距離短縮で新味を見せてくるとなれば、昇級初戦のイキナリも十分考えられる。「まだまだ上のクラスも狙える馬だし、能力的にはこのクラスでやれてもおかしくない」と師も色気タップリだ。



日曜東京8R
青嵐賞
ルミナスウォリアー
流れに乗れるかが鍵
前走の鹿野山特別で1番人気に推されながらも7着に敗れたルミナスウォリアーの巻き返しに期待したい。前走は2コーナーで上がっていった馬に反応してしまい、終始掛かり気味で脚が溜まらなかった格好。力を出し切れない内容ながらも勝ち馬とはコンマ3秒差は力の証しと言える。

和田郎師も「今回は状態面でも上積みがあるし、そろそろじゃないかな」と語っているように、昇級後も大差のない競馬が続いており、クラス上位の力は十分に見せている。スムーズに流れに乗って、持ち味であるしぶとさを生かす競馬でしっかりと勝利を収めたい。



日曜東京11R
富嶽賞
サノイチ
ベスト条件で巻き返し
前走のラジオ福島賞では9着の大敗を喫したサノイチだが、尾形和師に前走について尋ねると「条件があまりにも悪かったね」と苦笑い。「距離も短かったし、何より右回りが合わなかった」と冷静に敗因を分析し、その上で今回は左回りの東京を狙い打った形だ。

「東京、中京では崩れていないし、距離も1400がベスト。今回は前走みたいにはいかないよ」と笑顔の指揮官。昇級後は上がり下がりの激しい成績が続いているが、同条件で行われた4走前の西湖特別ではタイム差なしの2着に入っており、このクラスでも戦えるものは見せている。師の思惑通り、ベスト条件での巻き返しなるか。



日曜東京12R
目黒記念
ダービーフィズ
素質馬が本格化ムード
デビュー当初から期待されていた素質馬ダービーフィズがいよいよ本格化ムード。前走の府中Sでは後方から上がり3ハロン33秒8の末脚を見せての勝利。5歳にしてようやくのオープン入りとなったが、小島太師は「体質が強化されて、やっと軌道に乗ったね」と愛馬の成長に目を細める。

今回は約一年ぶりとなる重賞挑戦となるが、「得意の東京コースだし、ハンデも良い感じ(54キロ)。これなら十分に勝負になる」と強気に語り、重賞初制覇に向けて虎視眈々といったところ。加えて、これまでの4勝全てで手綱をとってきた蛯名騎手は、ここ3年の同レースで2勝を挙げる“目黒記念巧者”。ダービー週の最終競走を飾るに相応しい快走撃に期待したい。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧