日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年07月30日]

連覇&初制覇は射程圏


土曜新潟9R
閃光特別
ミラクルアイドル
勝負懸かりで記念勝利を
菊川師自らが「降級を待って得意の千直に備えてきた」と言い切るのがミラクルアイドル。ここまで挙げた2勝はいずれもこの条件で、久々の勝利を挙げるにはこれ以上ない舞台設定。また、昨年の同レースを制していることからも、開幕の馬場状態がこの馬にとってプラスに働く可能性は高い。

指揮官からは「500万なら力は上。レース当日落ち着きがあればいい勝負になる」と景気の良い発言も。更には「ここで200勝を決めたいね」と師自らメモリアル勝利について触れるなど、ここは勝ちをかなり意識している様子。最高の条件に勝負懸かりとなれば、上位争いはまず間違いない。



土曜新潟10R
古町特別
マルターズアポジー
絶好馬場生かした逃走劇
ラジオNIKKEI賞でも軽快な逃げ脚で3着に粘り込んだマルターズアポジーが古馬に初挑戦。堀井師からは「スピードに良さがある馬なので、マイルへの距離短縮は好材料。体調もいいし、ここはチャンス」と古馬相手でも強気の姿勢。

逃げが濃厚の同馬を後押しするのが、開幕週の絶好の馬場状態。ここまでキャリア5戦の内、馬券に絡んだ3戦は全て開幕週でのもので、その影響は成績からも明らか。今回も開催場替わりの開幕週で逃走劇が見られる公算大だ。



日曜新潟9R
新発田城特別
メイショウメイゲツ
ココ目標に仕上がり万全
桜花賞以来の実践となるメイショウメイゲツの鉄砲がけに期待する。未だ1勝馬ではあるものの、フェアリーS、クイーンC5着の経験があるように、このクラスでは力の抜けた存在。

あとは状態面がどうかというところだが、こちらも問題なし。担当助手からは「早くから新潟開幕週のココを目標に作ってきたので、体調は万全」とお墨付き。新馬勝ちを収めた新潟で、1年ぶりの白星獲得が濃厚だ。



日曜新潟11R
アイビスSD
セイコーライコウ
連覇&初制覇は射程圏
連覇を目指すセイコーライコウだが、前走の函館スプリントSでは4着に健闘しているように、力の衰えは感じさせない。昨年の覇者であり、舞台適正が高いのは言うまでもないが、持ち時計もメンバー最速と時計勝負になりやすい開幕週もこの馬にとっては好材料。

以前まで管理していた鈴木康弘師が今年で定年退職となり、そこからバトンを受け継いだ竹内師も、すでに特徴は掴んでいる様子。「馬群に包まれると伸びないので、内枠からスムーズな競馬ができれば連覇も狙える」と意欲十分に語っており、今年開業の新米指揮官は虎視眈々と重賞初制覇を狙っている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧