日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年09月03日]

成長見せ古馬一蹴も


土曜新潟10R
弥彦特別
シュンドルボン
再昇級戦で連勝濃厚
降級戦となった前走の月岡温泉特別を2馬身差で圧勝したシュンドルボンだが、今回は再昇級戦。とは言っても、元々このクラスで【0-4-1-3】の好成績を収めていた実力馬で昇級は形だけのもの。コンビを組む田辺とも手があっていて、1着1回、2着4回と安定感は抜群だ。

出走全レースの徹底分析を施した当社分析班も「これまでの戦績から見ても左回りの中距離戦はベストに近い条件。前走と同じ条件なら崩れることはないだろうし、勝ち負けは必至」と猛プッシュ。相手関係を見ても強敵らしい強敵は不在で、ここは頭一つ抜けた存在だけに、ここは順当に白星を重ねそうだ。



土曜新潟11R
長岡S
マイネルメリエンダ
テキ自ら“負けられない”
マイラーズC以来の実戦となるマイネルメリエンダだが、降級したここは負けられない一戦。和田郎師も「しっかり乗り込んできたので休み明けでも仕上がりは順調」と降級初戦のここを目標に仕上げてきたことを強調。準オープンのメンバーなら力は一枚上の存在だ。

今年の京都金杯で3着している実力馬だが、昨年のこのレースで2着、同条件の秋風Sでも勝ち鞍があるように直線平坦コースのマイルは最も得意とする条件。さらには渋った馬場でも良績を収めており、開催最終週で荒れた馬場も絶好の好条件になる。それだけに「ベストのマイル戦なら負けられない気持ち」と指揮官の鼻息が荒くなるのも当然だろう。この降級戦を一発で突破して、再び重賞戦線へ舞い戻るのが陣営の青写真だ。



日曜新潟9R
両津湾特別
ゴドリー
指揮官も太鼓判
2年近い長期休養明けから3戦を使われて、ようやく本調子に戻ったゴドリーが格好の狙い目。前走は結果だけ見ればハナ差の2着惜敗ではあったが、行きっぷりの良さは復帰後一番の出来でレース感が戻ってきた感。内容の良さからも久々の勝利は近いものと予感させる走りだった。

間違いなく復調気配ではあるが、完全復活をアピールするには勝利が必要不可欠。そこで武井師に自信の程を伺うと「(落馬負傷の)蛯名さんが問題なければ、馬自体はコース替わりも問題にしないし、仕上がりも万全。今度こそでしょう」と早くも“勝利宣言”が飛び出すなど自信満々の様子。ここは素直に乗るのが最善だろう。



日曜新潟11R
新潟記念
ミュゼスルタン
成長見せ古馬一蹴も
ダービー出走後は北海道で意欲的に乗り込んできたミュゼスルタン。3頭併せで最先着した今週の追い切りの内容は眼を見張るものがあり、ひと夏を越して成長した印象。これについては大江原師も同意見で「いい筋肉がついてきて、成長が感じられるね」とニッコリ。

あとは古馬との力関係になるが、指揮官は「重量差もあるし、重賞勝ちのある新潟ならチャンスは十分でしょう」と先ほどとは一転して強い口調で話してくれた。また、当社分析班からは「今年の3歳世代はレベルが高く、NHKマイルCで先着したヤングマンパワー(関屋記念3着)やヤマカツエース(函館記念3着)も重賞で好走。古馬相手だが、問題はないだろう」と分析面での一押しの声も出ている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧