境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年1月15日]

スタミナ、持続力血統が穴

【日曜の穴馬券ネオメソッド】
京都11R 日経新春杯 芝2400m
(2)スマートギア

トップハンデ馬が苦戦傾向にあるレースで、連対なら02年のホットシークレット、勝ち馬となるとその前年のステイゴールドまで遡らないといけません。実績だけなら二枚は抜けていると思われるトゥザグローリーですが、決して安穏としていられる状況ではないと思いますね。

このレースの血統傾向としては、「持続力、スタミナ血統保持馬が強い」ということが挙げられます。長距離だから当然と思われるかもしれませんが、近年の長距離戦は序盤を歩くようなペースでやりすごし、後半勝負に賭けるレースが少なくないことから、中距離同様にサンデーその他のGI血統が順当に結果を出すということが少なくありません。その意味で、純粋な長距離向き血統を狙えるレースというのは、意外に限られてしまうのです。

【日経新春杯の血統傾向】
11年3番人気2着ヒルノダムール(父マンハッタンカフェ、母父ラムタラ
10年2番人気1着メイショウベルーガ(母父サドラーズウェルズ)
10年12番人気3着レッドアゲート(父マンハッタンカフェ)
09年11番人気1着テイエムプリキュア(父パラダイスクリーク)
09年3番人気2着ナムラマース(母父フレンチグローリー@サドラーズウェルズ)
09年4番人気3着タガノエルシコ(父マヤノトップガン、母父ダンスインザダーク)
08年3番人気1着アドマイヤモナーク(父ドリームウェル@サドラーズウェルズ)
08年12番人気3着テイエムプリキュア(父パラダイスクリーク)

といった具合です。パラダイスクリーク×ステートリードン(ヌレイエフ系)という、瞬発力ゼロのような鈍重スタミナ配合のテイエムプリキュアが(展開の利があったとはいえ)2度も馬券になるレースですからね。他のサドラーズウェルズ系保持馬の好調や、スタミナ型サンデーの隆盛も合わせて考えることで、レースの血統傾向としては、冒頭に挙げた「持続力、スタミナ血統保持馬が強い」という視点が浮かび上がります。

そうは言っても今年のメンバー。多少適性がズレていても、不利なトップハンデでも、嫌々トゥザグローリーが来てしまう可能性は否定できませんが、穴と狙えば2.スマートギア、マーベラスサンデー×ネヴァーベンド系という、コテコテの持続力配合に光を見出したいと思います。
約1年ぶりを使いつつ3戦目、ソロソロ状態面も良くなってくることでしょうし、1頭強いのがブッちぎれば、ヒモ穴は道中死んだふりの追い込み馬と相場は決まっています。この鞍上だけがどうも引っ掛かりますが、この馬を良く知るコンビということで見ないふり。怒涛の追い込みで馬券圏内に滑り込んでもらいましょう。

1月14日(土)の購入馬券:京都11R 日経新春杯

【by境和樹】
▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧