境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年8月19日]

スタミナ比べ、忘れがちな小回り実績に注目

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

札幌11R札幌記念 芝2000m

(5)フミノイマージン

動画で解説 ~札幌記念(G2)~

動画内では日曜日の新潟11Rの狙い馬も紹介しています!

札幌記念のポイントとは?過去の傾向を分析すると…

1.長距離G1でも対応できる長距離適性のある血統が強い
2.コーナー4つの重賞で好走した実績がある馬が強い

この2つのポイントが浮かび上がります。

たとえば、昨年の勝ち馬トーセンジョーダン、08年の勝ち馬タスカータソルテを輩出したジャングルポケットは、オウケンブルースリ、ジャガーメイルで長距離G1制覇。2年連続で穴馬券になっているアクシオンの母父ディキシーランドバンドは、菊花賞馬デルタブルースの母父でもあります。
タフな洋芝の上で行われるコーナー4つ、加えて、G1級の馬も出走するハイレベルなレース。当然のことながらスタミナの要求値が高まり、必然的に長距離G1にも対応できるような持続力、持久力が要求されるという寸法です。

もうひとつのポイントも、このレースで要求される持続力と持久力の裏付けとなる材料。コーナー4つの重賞においては、すべからくこの能力が要求されますから、「コーナー4つの重賞で好走した実績がある馬」は、ここまでの実績で既にこのレースに対応し得る能力を証明していることになるわけです。

【コーナー4つの重賞実績】
11年1着トーセンジョーダン(AJCC1着、AR共和国杯1着)
11年2着アクシオン(中山金杯1着)
10年1着アーネストリー(中日新聞杯1着)
10年2着ロジユニヴァース(札幌2歳S1着、弥生賞1着)
09年1着ヤマニンキングリー(中日新聞杯1着)
09年2着ブエナビスタ(オークス1着)
08年1着タスカータソルテ(中京記念1着、京都新聞杯1着)
08年2着マツリダゴッホ(オールカマー1着、AJCC1着)


ブエナビスタのオークスは、少し意味が違う感じもしますが、それを除いても連対馬のほとんどが「コーナー4つの重賞」を勝っていたことが分かります。特に、中京や小倉の1800m~2000mの重賞を勝っていると期待値は高まります。以前から指摘しているとおり、ローカル重賞ではエンジンの着火点が早まる関係で、かなり持続力と持久力の要求値が高まります。

以上の傾向を満たす馬を、今年のメンバーから探します。浮かび上がるのは5.フミノイマージンですね。
父マンハッタンカフェは、自身が菊花賞、天皇賞・春を勝っており、その産駒ヒルノダムールが天皇賞・春を勝っている、典型的長距離G1血統。おまけに、母父ディキシーランドバンドは、菊花賞馬デルタブルースの母父であり、このレースで2年連続で穴馬券になっているアクシオンと同じです。
また、フミノイマージン自身、愛知杯、マーメイドSでコーナー4つの重賞を制覇、これで要件を満たしました。
このレースと抜群の相性を誇る牝馬ということも含め、今年はこの馬から馬券を買いたいと思います。

相手は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧