境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年10月6日]

欧州血統とダート血統の両立

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

京都11Rデイリー杯2歳S 芝1600m外

(121)サウンドリアーナ

動画で解説 ~デイリー杯2歳S(G2)~

動画内では土曜日の東京10Rの狙い馬も紹介しています!

まず、このレースに関する血統ポイントを列挙します。極めて顕著な血統傾向が、『欧州血統保持馬が強い』ということ。

【欧州血統保持馬の好走例】
11年1着クラレント(母父ダンシングブレーヴ)
11年2着ダローネガ(母父ホワイトマズル)
10年1着レーヴディソール(母父ハイエストオナー)
10年3着メイショウナルト(母父カーネギー)
09年1着リディル(母父ダンシングブレーヴ)
09年2着エイシンアポロン(母父サドラーズウェルズ)
08年1着シェーンヴァルト(母父エリシオ)
07年1着キャプテントゥーレ(母父トニービン)


ズラリと並んだ欧州血統。しかも、いわゆる凱旋門賞血統と言われる鈍重血統ばかり。通常、この手の重厚な血統を持っている馬は完成が遅く、2歳重賞ではスピード不足の恐れが強まるのですが、そんな馬が毎年のように好走しているという事実。これは、デイリー杯2歳Sというレースを読み解く上で非常に重要なポイントです。

これに加えて、『とにかく差し馬有利。前付けして連対した馬はG1級』というファクターが加わります。
過去のこのレースの傾向を見てみると、とにかく差し馬有利。中団より後ろから上がり最速で伸びてくるような馬の成績が良く、前に行って粘り込むのは至難の業ということが言えます。ちなみに、前に行って連対した馬は、近年で言うと09年2着エイシンアポロン、08年2着ホッコータキオン、07年1着キャプテントゥーレくらいのもの。怪我で長期戦線離脱してしまったホッコータキオンは別として、残りの2頭はともに後のG1馬。それくらいの資質がないと、前で粘るのは難しいんですね。

そもそも、京都外回りコースで行われる重賞ともなれば、2歳馬にとっては楽な条件ではありません。単純にスピードだけで勝ち上がってきたような馬にとっては、明らかに厳しい条件であり、それがすなわち差し馬の台頭を呼びます。2歳戦らしいスピードを武器にして前に行った馬が苦しくなったところを、控えて脚を溜めていた馬が差すという構図ですね。そして、それをやってのけるためには、欧州血統特有の底力を持っていることが重要。過酷な条件だからこそ、最後に苦しくなったところで踏ん張る力が求められるわけです。これが、差し馬有利と欧州血統保持馬の好相性という傾向が持つ意味です。

【ダート血統保持馬の好走例】
11年3着ゲンテン(父バーナディーニ、母父ニューメラス)
10年2着アドマイヤサガス(母父ゴーンウェスト)
08年3着キングスレガリア(母父ジェイドロバリー)
07年2着タケミカヅチ(父ゴールドアリュール)


その反面、欧州血統とは真逆のダート血統保持馬がちょいちょい馬券に絡むのも特徴的。特に、ダート血統を持った先行馬には注意が必要です。
先述した通り、この舞台設定はこの時期の2歳馬にとっては過酷です。だからこそ、底力に秀でた欧州血統の重要性が増すわけですが、とは言っても2歳戦は2歳戦です。現時点での完成度さえあれば、多少の無理が利いてしまうという側面もあります。それが、「ダート血統馬の好走」という要素が持つ意味です。一般的に、欧州血統よりダート血統の方が完成が早いので、それらの馬は、苦しいながらも他馬との完成度の差で我慢してしまうというシーンもあって然るべき。こういう馬が1頭くらい割って入るというのが、このレースの特徴でもあります。

つまり、このレースは、

「2歳馬にとって過酷な条件で行なわれる底力勝負。対抗するなら相当な完成度が必要」

というレースなんですね。買うべき馬を探すポイントをまとめれば…

1.まずは欧州血統を持った差し馬
2.もしくは、これまでのレースでタフな流れを好走した経験
3.明らかに条件不適に見えても、完成度が高いと目されるダート血統はヒモに加える


ということになります。

さて、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧