境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年12月22日]

先週の朝日杯とは真逆のテーマ

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

阪神11RラジオNIKKEI杯2歳S 芝2000m

(1)ラウンドワールド

動画で解説 ~ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)~

毎年言われることですが、翌年のクラシックの中核を担うであろう存在が出走するこのレース。一時は朝日杯FSの価値が持ち上げられた時期もありましたが、やはり、このレースがクラシック直結性という意味では勝るでしょう。特に、今年の朝日杯FS上位馬はマイラー色が強いですから、より一層、来年に向けてという意味でこのレースの持つ意味は大きいと思います。

そんなラジオNIKKEI杯2歳Sの特徴は以下の通りです。

1.ナスルーラ系保持馬の成績が良い。
2.クラシックを展望する素質馬、素質血統は素直に評価。
3.未勝利勝ちからの臨戦は軽視。
4.凡走経験のある馬は評価を下げる。


まず血統面。正直、あまり極端な傾向があるわけではありませんが、過去の好走血統を見渡すと、「父か母父にナスルーラの血を持っている馬」の好走率が高いことに気付きます。

【ナスルーラ系保持馬の同レース好走例】
10年5番人気3着コティリオン(母父トニービン)
09年2番人気2着コスモファントム(父スティーヴンガットイーヴン、母父パリハウス)
09年7番人気3着ダノンシャンティ(母父マークオブエスティーム)
08年1番人気2着リーチザクラウン(母父シアトルスルー)
08年7番人気3着トゥリオンファーレ(母父ジャッジアンジェルーチ)
07年1番人気2着サダムイダテン(母父サクラユタカオー)
07年6番人気3着メイショウクオリア(母父ラーイ)
06年1番人気1着フサイチホウオー(父ジャングルポケット)
06年3番人気2着ヴィクトリー(母父トニービン)


ナスルーラ系は、主流4系統の個性がそれぞれ異なるので、大枠で「ナスルーラ系」と括る場合には、単純な傾向と見た方が良いと思います。上記した好走ナスルーラのタイプを考えても、あまり共通項は見られません。下手に踏み込むより、単純にナスルーラの血を持っている馬を探した方が早いし間違わないと思います。

また、“クラシック非直結性”がテーマだった先週の朝日杯FSとは異なり、このレースはクラシックにモロに直結しますから、血統的にもそれが展望できるだけの素質を感じさせたいところ。また、馬の個性として大物感のあるレースをした馬は評価しておいた方がいいでしょう。

今度は臨戦過程からのポイント。まず、未勝利勝ちから臨んだ馬は極端に成績が良くありません。過去10年で(0-0-2-26/28)という成績。複勝率7.1%なら無視して構わないでしょう。

また、翌年のクラシックを狙うような逸材が有利なレースですから、この時点で明らかな凡走経験がある馬もマイナスです。まだ成長の余地が残されている段階ともいえますが、裏を返せば

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧