境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年10月27日]

2013年天皇賞・秋の総合分析

天皇賞・秋の馬券の鍵は『トニービン保持馬』『ノーザンテースト系保持、内包馬』と話す“境和樹”の買っておきたい人気薄とは?
会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

東京11R天皇賞・秋 芝:2000M

今年の天皇賞・秋に関しては、まず『馬場状態』が大きな鍵を握ると思います。ポイントは2つ

1.降雨の中で行われた先週日曜の芝は、馬場差+3.6秒
2.台風の影響による馬場悪化がほぼ避けられない状況

この要素を考えると、今年の天皇賞・秋がパンパンの良馬場(高速馬場と言い換えてもいいでしょう)で行われる公算はかなり低いことになります。土曜の午後には雨も止み、日曜日は終日晴れ予報。馬場は回復傾向でしょうが、先週の極悪馬場を使った影響、前日まで雨の中で競馬が行われた影響を考えれば、パンパンの良馬場は望めないと見ます。これは大きなポイントになりそうです。

まず、ジェンティルドンナが絶対的な存在ではなくなるということ。正直、前段階ではほぼこの馬でしょうがないと思っていました。宝塚記念の時は『一番危険な人気馬』と断じましたが、それも「重たい馬場でパフォーマンスを落とす可能性が高い」と見たからこそ。実際その通りになったわけですが、舞台が東京に替わり、良馬場で行われれば今度はジェンティルの舞台、というより独壇場になっても不思議ないはずでした。

しかし、この馬場設定です。そして、これはジェンティルドンナにとって明らかなマイナス材料です。単に道悪が下手、ノメる心配があるとかいう単純な意味ではなく、「少なくともパフォーマンスを上げてくる材料がない」ということです。おそらく断然人気になると思いますが、良馬場よりも信頼度は下がることになるでしょう。

その一方で、評価が上がるのはトウケイヘイローです。この馬は軽い馬場で決め手比べになるより、道悪でズブズブの消耗戦になった方が遥かにパフォーマンスが上がります。それは函館記念、札幌記念で証明している通り。逃げ馬不利と言われるレースですが、そんなことお構いなしにあれよあれよの4連勝でGⅠ制覇という可能性もかなり現実味を帯びてきたと見ています。後程書きますが、実は天皇賞・秋の血統ポイントも密かに満たしていますから、これは「マグレが続いた」「ゴールドヘイローに天皇賞勝てるかよ~」などと穿った見方をしてはいけないということになります。

まあ、この馬の単複を買うスタイルではありませんので、ここまではあくまで人気馬に対する分析をした、と見ておいていただければ。

さて、人気馬について見解を語った上で「このレースが荒れるとして、穴馬になり得る馬はどんな馬か?」という検討に移ります。私のスタイルからは、以下の2点を提唱しておきたいと思います。

1.天皇賞・秋の血統ポイントである「トニービン保持馬」「ノーザンテースト系保持、内包馬」
2.道悪でパフォーマンスを上げる血統


この2パターンです。まずは最初のパターン『天皇賞・秋の血統ポイント』について。

以前から指摘していることですが、この天皇賞・秋というレースは『トニービン保持馬』『ノーザンテースト系保持、内包馬』が好走馬を出しやすいという血統傾向が存在します。

【トニービン系保持馬の天皇賞好走例】
12年3着ルーラーシップ
(母父トニービン)
11年1着トーセンジョーダン
(父ジャングルポケット)
10年3着アーネストリー
(母父トニービン)
09年1着カンパニー
(父ミラクルアドマイヤ)
07年3着カンパニー
(父ミラクルアドマイヤ)
04年3着アドマイヤグルーヴ
(母父トニービン)
03年3着テンザンセイザ
(父トニービン)

【ノーザンテースト系保持、内包馬の天皇賞好走例】
12年3着ルーラーシップ
(母母父ノーザンテースト)
11年1着トーセンジョーダン
(母父ノーザンテースト)
10年3着アーネストリー
(母母父ノーザンテースト)
09年1着カンパニー
(母父ノーザンテースト)
09年2着スクリーンヒーロー
(母母父ノーザンテースト)
08年2着ダイワスカーレット
(母父ノーザンテースト)
07年3着カンパニー
(母父ノーザンテースト)
06年1着ダイワメジャー
(母父ノーザンテースト)
04年3着アドマイヤグルーヴ
(母母父ノーザンテースト)

人気馬も交じりますが、何と言っても、一昨年、当時7番人気だったトーセンジョーダンを本命にできたのは、ひとえにこの血統傾向を素直に採用してからです。それだけ破壊力のある血統テーマであるということはご理解いただきたいと思います。

次に『馬場悪化で得をする馬、血統』を狙うという作戦。もちろん、当日ギリギリまで馬場状態を見ておく必要はありますが、道悪が残るようであれば、その道悪という状況を味方に付けて穴馬券を狙うという手も成立するはずです。

そして、このレースに関して『道悪でのパフォーマンスアップ』を重視するなら、注目すべきはステイゴールド産駒だと思います。

先ほどの私の私的考察はとりあえずとして、この天皇賞・秋で人気になるのはディープインパクト産駒のジェンティルドンナです。そのディープインパクト産駒の人気馬に、道悪を根拠として刃向うのであれば、主役にすべきはステイゴールド産駒。これは、宝塚記念でジェンティルドンナがゴールドシップに敗れた理屈と同じ。簡単に言えば、ディープ産駒よりステイゴールド産駒の方が重たい馬場に対する適性が高いからです。

実際、先述の通り、雨の影響で相当時計が掛かる馬場になっていた先週の日曜日にも、同産駒のロンギングゴールドが6番人気の低評価を覆して2着しているほか、馬券には絡まなかったもののこれまで2戦して⑩⑫着と凡走していたトゥインクルが4着と大幅にパフォーマンスを上げています。

(参考)
ステイゴールド産駒の馬場別成績
良:
(145-133-125-1258/1661)
勝率8.7%・連対率16.7%・複勝率24.3%
稍重:
(14-18-14-167/213)
勝率6.6%・連対率15.0%・複勝率21.6%
重:
(12-7-7-70/96)
勝率12.5%・連対率19.8%・複勝率27.1%
不良:
(6-5-5-29/45)
勝率13.3%・連対率24.4%・複勝率35.6%

そして、これも重要な要素の一つ。オルフェーヴルしかりゴールドシップしかりナカヤマフェスタしかり、ステイゴールド産駒には、GⅠ級の大舞台で強敵を破って勝ち切るだけの底力が備えられています。これは重要な要素。単に道悪が上手いというだけではなく、GⅠを勝ち切れるだけのポテンシャルを、ステイゴールド産駒は持っているということ。何しろGⅠですからね、この要素は結構重要だと思います。

以上のテーマを踏まえて、今年注目すべき穴馬をピックアップします。

なお、冒頭に挙げたトウケイヘイローは、母母父がノーザンテーストですが、買う対象のオッズではないので除外します。その評価に関しては冒頭の通りです。

[02]ナカヤマナイト
(ステイゴールド産駒)
[03]ダイワファルコン
(ジャングルポケット産駒、母母父ノーザンテースト)
[05]レインスティック
(父母父ノーザンテースト)
[10]トーセンジョーダン
(ジャングルポケット産駒、母父ノーザンテースト)
[12]フラガラッハ
(父母父ノーザンテースト、母父トニービン)
[14]オーシャンブルー
(ステイゴールド産駒)
[17]ヴェルデグリーン
(父ジャングルポケット)

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧