境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年12月1日]

問われる“芝適性”!今年は単勝勝負!

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

阪神11RJCダート ダ:1800M

このジャパンカップダートに限った話ではありませんが、重賞、G1級のダート戦においては「芝への対応力」が問われることが多くなります。下級条件のダート戦において、スピード不足、瞬発力不足の馬が好走することは少なくありませんが、やはり、頂上レベルになるとそうはいかず、一定以上のスピードや瞬発力も要求されることになります。その結果、芝実績馬、もしくは芝でも走れそうな血統を持った馬が有利になりやすいものなのです。

このジャパンカップダートも、芝OKの血統を持った馬が好走する傾向は根強くあります。

【JCDで好走した芝血統保持馬】
12年1着ニホンピロアワーズ
(父ホワイトマズル)
12年2着ワンダーアキュート
(母父プレザントタップ)
11年1着トランセンド
(母父トニービン)
10年3着アドマイヤスバル
(父アドマイヤボス)
09年2着シルクメビウス
(父ステイゴールド)
08年1着カネヒキリ
(父フジキセキ)
08年2着メイショウトウコン
(父マヤノトップガン)

代表的なところを挙げると上記のとおり。昨年の勝ち馬ニホンピロアワーズの父ホワイトマズルは、イングランディーレ、アサクサキングスという2頭の芝長距離G1馬を筆頭に、シルポートやシンゲン、シャドウゲイトなど、高額条件で結果を出した馬のほとんどが芝馬です。

また、ワンダーアキュートも父カリズマティックという点が強調されやすいですが、母父プレザントタップは日本でタップダンスシチーを、海外では芝のG1勝ち馬デビッドジュニアを出しており、やはりスタミナのいる芝に強いという特徴があります(ちなみに、リボー系なので大舞台向きとも言えます)。

さらに、凡走例も多いため割愛しましたが、昨年9番人気3着のホッコータルマエ、09年12番人気3着のゴールデンチケットを輩出しているキングカメハメハも、言わずと知れた芝対応可能な血統です。

その他、トランセンドも母父トニービンに視点を向ければ芝OKの血統と考えられますし、メイショウトウコンも父は芝の長距離G1を4勝したマヤノトップガン。こうしてみると、歴代の好走馬はそのほとんどが『芝OKの血』を持っていたことになるわけです。

このポイントに従って、今年のメンバーから候補になる馬をピックアップします。

[02]グレープブランデー
(父マンハッタンカフェ)
[03]メーデイア
(父キングヘイロー)
[07]ブライトライン
(父フジキセキ)
[08]ワンダーアキュート
(母父プレザントタップ)
[12]ベルシャザール
(自身芝実績があるキンカメ産駒)
[14]ニホンピロアワーズ
(父ホワイトマズル)

ホッコータルマエやローマンレジェンドも決して悪くないと思いますが、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧