境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

証明された長距離適性と隠された長距離適性

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ

東京11R アルゼンチン共和国杯(GⅡ)(芝2500m)

sakai

東京芝2500は、瞬発力の要求値が高く、どちらかというと軽さが問われる2400とたった100mしか違わないにも関わらず、スタミナの要求値が段違いに上がります。当然、そんな東京2500で行われる重賞であるこのレースも、高いスタミナ、つまり純粋な長距離適性が問われます。

問題は、その長距離適性をどんな風に表現するかです。

このレースの好走馬の実積や近走成績をチェックすると、大きく分けて次の2つのタイプに分けられることが分かります。

・この時点で3000超の重賞で好走実績がある
または
・前走条件馬、またはつい最近まで条件クラスに在籍していた馬

sakai


これは比較的分かりやすいと思います。長距離適性が重要なレースなのですから、既にそれを結果で証明している馬が有利だということです。ダイヤモンドSやステイヤーズSといった、嫌でも長距離適性がなければ乗り切れないような条件で好走している実績は大きな強調材料になります。

sakai


その一方で、いまだ重賞実績に欠ける馬の好走が目立つのも、このレースの特徴です。
前走でまだ条件戦を使っていた馬や、つい最近まで条件戦に出走しており、重賞でまだ好走できていないような馬には要注意。

これに該当するタイプの馬は、本来の能力をまだ発揮していない可能性があると考えられます。
スピードや瞬発力が重視される条件レベルにおいては、長距離対応可能なスタミナや持久力は邪魔になることが多いので、その結果としてなかなか勝ち切れない。それはすなわち、秘める適性を発揮できる条件さえ揃えば、大きくパフォーマンスを跳ね上げる可能性がまだ残っているということでもあります。

それでは、今年の候補馬です。
境和樹Twitter

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

全国書店にて好評発売中!!

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧