境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

ユニコーンS・函館SSの回顧

第22回ユニコーンS
1着サンライズノヴァ
2着ハルクンノテソーロ
3着サンライズソア

ラップ:
12.0-10.6-11.5-12.3-12.8-12.7-12.1-11.9
時計:1.35.9

ちょうど10Rの前あたりから強烈な雨が降り始めた日曜の東京競馬場。ちょうどヤボ用で現地に行っていたのですが、10Rのレース中はかなり降っていましたね。短時間で馬場に影響を与えるレベルに降ったと思います。これは時計の出方を見れば明らかで、芝はこの10Rを境に一気に時計遅化が進み、一方のダートは急に時計が速くなりました。

シゲルコングが最内枠を引いたことで、ある程度ペースが速くなる(この枠からだと行かざるを得ない)ことは想定されましたが、前半34.1秒は速いですね。これはナイキアースワークが勝った06年と同じペースなのですが、この年も後方待機組が上位を席巻しました。東京ダ1600でこのテンの入りは、さすがに先行馬には苦しいです。
その中で、先行馬最先着のタガノカトレアはかなり強い競馬をしています。これは渋った馬場が得意な馬(前走の敗因も初の良馬場が堪えたと見ています)で、直前の雨がラッキーだったとは思いますが、それを差し引いても上々の内容。おそらく距離は1400がベスト。渋化ならなお良し。この条件が揃えば、古馬相手でも足ります。

話が前後してしまいますが、それを上回る強さを見せたのが勝ったサンライズノヴァ。この馬はコーナー4つの競馬だと勝負処でかなりズブさを見せる馬で、その代わりに追えば追うほど伸びる個性。その個性を最も活かすには、やはり東京コースが一番なのでしょう。ラストの3Fは12.7-12.1-11.9!雨で締まった、最も時計の出やすい状況だったとはいえ、破格のラスト3Fだったと思います。

私が期待したサンオークランドはゴール板の直前で姿を見せる4着。正直、現地で見ていた私も気が付きませんでした。これは時計が速くなったことで、追走に脚を使わされたのが痛かったですね。あと、サンライズノヴァと違い、これだけ長い東京でもエンジンが掛かったのが残り150くらいということから、やはりマイルがベストではないのでしょう。

血統テーマとして挙げたヴァイスリージェント系は馬券に絡むことができませんでしたが、9番人気少差4着なら悪くないとは思います。来年も注目の系統だと考えておくべきでしょう。
一方のSS×ノーザンダンサーに関しては、予想コラムでも少し指摘しましたが、ここにきて失速傾向が顕著になってしまいました。今後は取り扱いを慎重にした方がいいかもしれません。


第24回函館スプリントS
1着ジューヌエコール
2着キングハート
3着エポワス

ラップ:
11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2
時計:1.06.8

もう言葉もありません。某大物お笑い芸人さんのギャグではありませんが、「個性死んじゃうよ」というヤツです。古き良き函館競馬はどこへいったのでしょう?もうここ数年、高速化の助走は始まっており、今年もある程度時計は出るだろうなとは思っていましたが、まさかここまで速くなるとは……。その理由に関しては私の知るところではありませんが、こうなってしまっては、もうかつての“洋芝巧者”という単語も死語になるのでしょう。そうなると、厩舎側もどんな馬を連れて行くかという選別の基準を変えなければなりませんから、またそこで試行錯誤が続くことになります。しばらくカオス状態になる予感がしますね。予想する際にも、過去のデータはあまりアテにならないかもしれません。コチラ側もしばらく頭を悩ませることになりそうです。

今週の函館芝1200は、土曜日からフジキセキのバイアスが発生していました。1R11人気3着メイショウワンモア(父ダノンシャンティ)、同8R5人気1着レッドカーペット(父ダノンシャンティ)、12人気3着サウンドドゥイット(母父フジキセキ)といった具合。メインレースで8人気3着のキャンディバローズもポイントで、この馬が母父タイキシャトル。何度か指摘していますが、フジキセキとタイキシャトルは同時性の非常に起こりやすい関係にあって、個性が本当に似ているんですね。つまり、フジキセキが来る馬場では、同時にタイキシャトルの重要性も増すのですが、これを予め知っていると、このメインレースの結果も含めて強烈なフジキセキ・バイアスを感じることができるわけです。
実際、日曜日もフジキセキ、タイキシャトルのコンビは良く来ていました。函館スプリントSのシュウジ(父キンシャサノキセキ)が凡走したのは、そんなバイアス的視点からは意外な結果でしたが、来週以降もこの傾向は頭の片隅に置いておいた方がいいかもしれませんね。何しろ、異例の超高速開催。ヒントは少ないわけですから……。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典7月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧