境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

フローラSの回顧

第52回フローラS
1着モズカッチャン
2着ヤマカツグレース
3着フローレスマジック

ラップ:
13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.5-11.2-12.0
時計:2.01.3

ハービンジャー産駒の人気薄がワンツーを決めたという事実は、来年以降に向けて重要な指針のひとつになるかなとは思いますが、気になったのは勝ったモズカッチャンが母父キングカメハメハだったということ。
昨年も勝ったチェッキーノがキングカメハメハ産駒。その他、15年2着ディアマイダーリン(母父キングマンボ)、同3着マキシマムドパリ(父キングカメハメハ)、13年1着デニムアンドルビー(母父キングカメハメハ)、12年1着ミッドサマーフェア(母父キングマンボ)と、キングマンボ系の好走は確かに目立っていたんですね。
このこと自体は気付いていたんですが、好走馬が軒並み人気馬だったということから、あくまで人気のキングマンボ系は信頼できるという方向で考えるべきなんだろうという解釈をしていました。それが今年はド人気薄の激走。これでいよいよ無視できなくなりました。
何度も書いている通り、キングマンボ系はバイアスを発生させる力が非常に強い種牡馬である反面、常に“ヒキ”が問われる存在です。つまり、ひとつのレースに複数のキングマンボ系が出走することが非常に多く、その中から当たりを引かなければならないという難しさがあります。事実、今年も母父キングマンボの人気馬ホウオウパフュームが飛んでいますからね。来年以降、キングマンボ系保持馬というテーマを掲げないわけにはいかないと思いますが、なるべく該当馬が少なくありますようにと願うばかりです。

レース自体を振り返ると、スローで前が残って、内ラチ沿いで脚を溜めた馬が差し切ったという展開。上位馬はこぞって上手くレースを運んだなという印象です。
次走に向けて注目できるのは5着レッドコルディス。この流れで外を回しては届きませんが、最後までよく脚を使っていると思います。この馬は前走もやはり同じ形でスローに嵌って脚を余しているので、レース運びが下手なタイプという注釈は付きますが、どこかで嵌る場面は出てくると思います。
また、オークスに向けてという視点で言うと、このレースのメンバーでは少し足りないと思います。フローレスマジックを物差しにしても、クイーンCの上位馬が少し上にいるんじゃないでしょうか。もっとも、昨年のこのレースがかなりレベルの高いレースだったと思っているので、どうしてもそれと比較してしまうところはありますが。
人気で負けたホウオウパフュームについて。先述の通り、人気のキングマンボ系保持馬なのでここまで崩れたのは意外でしたが、振り返ってみると、この馬が負かした馬は全てその後未勝利なんですよね。つまり、負かした相手が物足りなかったということ。皐月賞に出走したファンディーナと同じような感じですね。どうしても見た目にインパクトのある勝ちっぷりというものはあって、そこに引っ張られてしまうものですが、中身がやっぱり大事なんだなと、改めて思わされます。

私が期待したキャナルストリートは序盤に掛かったことを除けば、位置取りもレース運びも申し分なかったと思います。あれで止まったということは距離が問題だったのでしょう。本来はもう少し後ろで脚を溜めるタイプだと思いますが、今日の流れではどうやっても届きませんから、鞍上としてはできる限りのことはやってくれたと思います。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典5月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧