境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

チャンピオンズカップの回顧

第17回チャンピオンズカップ
1着サウンドトゥルー
2着アウォーディー
3着アスカノロマン

ラップ:
12.7-10.7-12.9-12.5-11.8-11.8-12.4-12.3-13.0
時計:1.50.1

これが一発勝負のGⅠが持つ面白さですよね。2着に敗れたアウォーディーは、これ以上ない完璧な立ち回りで、ほぼ8割方勝利を手中にしていたと思いますが、そこを直一気に賭けたサウンドトゥルーに狙い撃ちされました。負けてもまた次がある普通のレースなら、おそらくアウォーディーが難なく勝ち切っていたと思いますが、一か八かの勝負乗りを仕掛けたサウンドトゥルーと大野騎手に軍配が挙がった結果。

惜しかったのは4着カフジテイクでしたが、サウンドトゥルーとの差は、4コーナーのコース取りにありました。内を狙ったサウンドに対して、カフジはセオリー通り、大外に持ち出しました。結果的にはここで付いた差が最後に出た感じ。もっとも、サウンドにも幸運はあって、内から外に持ち出す際、ちょうど通るべきルートがポッカリ開くんですよね。まさに『勝ってください』というお導きがあった感じです。勝つ時は何もかもが上手くいくものですが、今回のサウンドトゥルーを見て、改めてそんなもんなんだなぁという思いを強くしました。

アウォーディーは抜け出すとソラを使う馬のようで、今回も抜け出すのをギリギリまで我慢して、満を持して動いたところですからね。これは仕方ないと思います。相手を褒めるしかないですよね。
アスカノロマンも流れを考えれば強い競馬をしています。アグネスデジタルは冬場のダ1800は本当に走ります。

今年のチャンピオンズCは、今後に向けての指針がハッキリしたレースだったと思います。注目すべきはゴールドドリーム、コパノリッキーという人気上位馬が揃って大敗に終わったこと。そうです、ゴールドアリュール産駒が揃って大敗したということです。特にコパノリッキーはこれで3年連続の大敗。このレースに全く適性がないことがハッキリしました。同時に、フェブラリーSであれだけ走るゴールドアリュール産駒が、このレースと適性がズレているということも。
東京ダ1600で行われるフェブラリーSでは、どちらかというとスピードや瞬発力といった、やや芝っぽい要素が問われるところ、このチャンピオンズCでは1800~2000前後の中距離ダートの適性、すなわちある程度のスタミナとパワーが必要になってくると考えられます。だからこそ、フェブラリーSを連覇したコパノリッキーを筆頭としてゴールドアリュール産駒が能力を発揮し切れないのでしょう。『スタミナとパワー』、来年以降のこのレースでは、そんなポイントを頭に置いて予想した方が良さそうです。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧