佐々木主浩の大リーグボール22号

第286球 [2013年2月23日]

【アーリントンC】横ではなく縦

1、2人気が揃って大敗したきさらぎ賞もそうだったように、キャリアが浅く、横同士の対戦比較が難しいこの時期の3歳限定重賞は、“勝ちっぷり”や“印象”に流さがちで、人気、オッズの信頼度が低いレースが多いと感じることが読者の皆さんもあるかと思います。

そういう場合は、横の比較ではなく、縦の比較で考えると答えが見つけ易くなります。この世代のマイル路線で最もレベルが高かったのは、言うまでもなく昨年の朝日杯FSです。3着のゴットフリートが、次走の共同通信杯で2着に入り、8着のエーシントップシンザン記念を制覇していますからね。

という訳で、私の狙いは、その朝日杯FSエーシンに先着し、ゴットフリートとコンマ2秒差だったラブリーデイです。アーリントンCを目標にしっかりと乗り込まれ、鞍上に岩田騎手を配してきた辺りにも陣営の勝負度合いの高さを感じます。

相手には、2走前にヘミングウェイシンザン記念2着)を負かしているレッドアリオン、今回は好時計勝ちした千両賞と同じ舞台で走れるカオスモス。追い切りの動きが良かったタガノエンブレムに、開幕週の馬場を味方に粘り込みを狙うコパノリチャード。以下、テイエムイナズマレッドジャイヴまでを押さえようかと思っています。


【by佐々木主浩】
▼佐々木主浩への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧