佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第495球]

【京成杯】本来の力さえ出し切れば

昨日のヴェルステルキングは、結果の通り非常に残念なレース内容でした。いつもなら先行して自分のポジションをスンナリと取れる馬が、昨日は後方からの競馬。話を聞くと、道中は全くハミを取らず、まともに競馬をしたのはラスト100mだけだったとの事。そんなレースだった為、レース後も馬には全く疲れが無かったようで、番組を見ながら次は間隔を詰めて使う予定です。もしも、次走も同じような事があれば、使用する馬具の変更等も考えないといけないかもしれません。

という訳で、中山のメイン【京成杯】は、前走の大敗を機にハミをオーストラリア生まれの「トライアビット」に替えてきた……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧