田中充興の人気馬格付けチェック

12月11日(日) 阪神11R

阪神JF(GⅠ) 芝1600m

次ナル穴馬をマークしろ!大人気企画『Raceレート』が帰ってきた!

●上位人気馬格付けチェック
馬番馬名 能力 上昇度 馬券妙味
ソウルスターリングAAA
レーヌミノルAAB
ジューヌエコールBBC
リスグラシューABB

※各付けチェックの表記について
上位人気馬を[絶対能力]-[上昇度]-[馬券妙味]の各項目についてABCの3段階で評価しています。

●田中充興の見解
指数上レベルが高いのが、小倉2歳S勝ち時のレーヌミノルとアルテミスS勝ち時のリスグラシュー、それを追うのがアイビーS勝ち時のソウルスターリングという図式が今年の阪神JF。

今年は、新潟2歳S、ファンタジーS、デイリー杯2歳Sは重賞としては指数レベルの低い決着となっている。よって指数上から有力と評価できるのはレーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリングの3頭ということになる。

この3頭のなかで一番不安点がありそうなのがリスグラシュー、たしかにアルテミスSは好走したこと自体が潜在能力の高さゆえで驚かされたものだが、さすがに前走レベルまで高指数で走ってしまうと、今回で更なる上積みを期待となると微妙な面を感じる。

レーヌミノルは前走よいトライアルだった。普通に考えれば順当に上積みが期待できそう。ただ前走は綺麗にレースができたわりには伸びを欠いた感があり、今回は早仕掛けになると不安点がある。折り合いがカギだ。

指数上位2頭には微妙に不安点を感じる。そこで今回はデビューから2戦2勝、上がり最速を2戦連続でマークし、まだ余裕を感じさせ、大きく上積みを期待させるソウルスターリングを本命にする。ここまでの2戦は緩いペースのレースばかりで瞬発力という素質だけで好走してきた。今回はさすがにタフな流れとなるだろう。今回のレースで本当の能力が判るはず。覚醒するかどうか。おそらく好結果が出るものと見る。

来週の朝日杯FSを占う意味で注目なのはファンタジーS4着のクインズサリナが今回どのくらい走れるのか?ということ。凡戦のファンタジーSではあったがペースが超スローだったために後方から速い上がりで追い込んだミスエルテとクインズサリナに関してはあの一戦をもってダメとは言い切れないところがある。来週のミスエルテは明らかに過剰人気を背負うことになるが、それが見合ったものなのかどうかは今回のクインズサリナの走りである程度判断できる面があるだろう。

●最終結論
ソウルスターリング
レーヌミノル
リスグラシュー
クインズサリナ
サトノアリシア

●穴の馬連 卍固め
2 - 4(40%)
2 - 18(40%)
2 - 10(10%)
2 - 8(10%)

●3連単
[軸]2 [相手]4.8.10.18(◎1頭軸マルチ 36点)


リアルに馬券で喰う男から学び、稼ぎ、遊べ!
田中充興氏が無料ブログで『馬券の術』や『マル秘穴馬』をコソッと教えます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典5月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧