馬券情報・最前線(栗東編)

馬券情報・最前線(栗東編)

関西の事情通が思惑の真相に迫る!

クイーンステークス
予定通りの距離延長で波乱を巻き起こす

7月の競馬も最終週、夏競馬も佳境を迎える。

先週から開幕した北海道シリーズのセカンド・ステージ札幌開催も2週目。

先週は重賞は無かったが、今週は牝馬限定重賞クイーンステークスが行われる。

秋の大舞台へ向けて例年3歳馬の参戦も少なくないが、今年はウォーターナビレラが参戦してきた。

3連勝で重賞制覇、そして暮れのG1阪神ジュベナイルフィリーズでも自ら勝ちに行って3着、今春の桜花賞ではほぼ勝ったかと思われたところでゴール前強襲に合いハナ差2着、ビッグイタイトルは手にしていないものの、この世代の牝馬戦線のトップクラスを担ってきた。

オークスで初めて崩れたが、距離云々よりもゲートを待たされた事でテンションが上がってしまいスタートで立ち遅れ、ポジションが悪くなり全く流れに乗れずに終わってしまっただけで、度外視できる内容。

その後はひと息入れてリフレッシュさせここが始動戦。秋華賞へ向けてどんな競馬をするのか…鞍上の武豊騎手は重賞350勝へリーチ中とあって、やはり注目の一頭に間違いない。

ただ、今年は例年にも増して全体的に頼りないメンバー構成。そんな中なら…

近走は冴えないものの、距離を一気に延長させてきたファーストフォリオには注目してみたい。

前走は11着の大敗、レースは函館スプリントステークス、この臨戦自体、異例と言える行動だが、驚くことにこれは予定通りの行動だという。

というのは、まずオープンに入ると短距離ではペースが速くポジションが悪くなってしまうこと、そしてもう一つ、この札幌の芝コースは3戦して3勝と相性のいい馬場であること、そして何より母シーザリオ、兄には種牡馬としても成功しているエピファネイアを筆頭に、サートゥルナーリア、リオンディーズというクラシック戦線も賑わせたG1馬、そしてつい2週前にオープン入りを果たしたひとつ下の弟ルペルカーリアも距離延長で快勝したように、やはり中距離の王道路線でこそという血統ということもあるだろう。

恐らく人気は全くないと思うが、素質は全く劣ってはおらず、距離延長で挑んでくるここ、ましてや予定通りの行動ともなれば、注目したくなるというもの。

どんな走りを魅せるのか、馬券も楽しみだがその走りは興味深い。


コチラも注目
【平井雄二のBe The Winner】アイビスSD・今年もいるぞ!馬券になる必須条件を満たす2頭

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
馬券情報・最前線(栗東編)とは?

関西の事情通が的中を勝ち取るためにトレセンを奔走。メディアには出回らない思惑の真相に迫る!

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧