田中充興の人気馬格付けチェック

7月25日(日) 新潟11R

アイビスサマーダッシュ(GⅢ) 芝1000m

●田中充興の見解
本命はライオンボス。一昨年のこのレースの勝ち馬であり、昨年は2着。今回の舞台に対する適性、実績は申し分ない馬だ。今年は始動戦にダートを使い大敗、そして前走は途中まで前に行く脚を見せていたが9着と失速してしまった。まず前々走のダートでの大敗はあくまで叩き台なので仕方がない。前走は前進が期待されたが、他の馬よりも明らかに重い58キロを背負っていた。斤量の重さは加速に対して一番負荷になってしまうものだけに、ダッシュすること自体が難しかった。そしてダッシュが利かなかった分、馬場の一番良いところを通れなかった。

予想はユーザー登録のあと!!

田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧