田中充興の人気馬格付けチェック

9月19日(日) 中京11R

ローズS(GⅡ) 芝2000m

●田中充興の見解
前々走の早苗賞は時計の掛かる馬場を自ら動いて突き放す強い内容だった。前走のラジオNIKKEI賞はそれ以来の競馬、前々走の早苗賞の内容が強すぎたので前走時はかなり疲れもあったはず、そしてスタートから流れに乗り切れない展開になりながらも8着と大きくは崩れなかったあたりに成長を感じた。今回は前走からは上積みが見込めるので、前々走同様の馬場状態になれば、人気はないがチャンス大と見ていたが・・。

予想はユーザー登録のあと!!

田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧