田中充興の人気馬格付けチェック

10月25日(日) 京都11R

菊花賞(GⅠ) 芝3000m

●田中充興の見解
3冠馬になるような馬はまず運が強い。何か魔力のようなものがある気がする。先週のデアリングタクトで特にそう感じた。先週の日曜日京都10レースの勝ち馬レイパパレの指数は秋華賞では2着に相当するものだった。その指数はレイパパレが逃げてマークしたもの。もし抽選で秋華賞に出走したならば、自然と差し競馬になったであろう。そうなった場合はレイパパレがもっと高い指数をマークした可能性もある。そうなったら3冠は阻止された。

予想はユーザー登録のあと!!

田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧