日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年12月5日]

1着か2着しかない


土曜中山9R
黒松賞
カインドリー
狙うは母子制覇
新馬戦は中山マイルの1番枠に恵まれたこともあるが、好スタートから鮮やかに逃げ切ったカインドリーでもう一丁イケる。今回は初めての1200mになるが、田村師によると「石橋脩騎手も『短めの距離の方がいい』と言っていたので1200mを試す」とのこと。

半兄エポカドーロは2000Mの皐月賞を勝っているが、母ダイワパッションはこの黒松賞の勝ち馬。血統からも距離の適性は高く、師も「母子制覇を期待したいね」とキッパリ。



土曜中山10R
アクアラインS
サザンヴィグラス
変わり身あればココ
2走前の小倉戦は状態が悪く11着に敗れたサザンヴィグラス。そこで一旦馬体を立て直し、2ヶ月半ぶりで臨んだ前走で4着と善戦。根本師は「状態さえ良ければこのクラスでも十分にやれる馬だよ」と、当然と言わんばかり。

2週前の銀嶺S(東京ダート1400m)を除外され出走が延びたが、スライドの影響はなかったようで、師も「いい状態を維持できている。1200mも十分に守備範囲だし、あとはうまく展開が噛み合えば好レースになると思う」と前進を目論む。4、5走前には現級で2、3着とメドが立っており、変わり身があればココだ。




[PR]馬券のプロが推奨【阪神JF】穴馬3頭はこれだ!!



土曜中山11R
師走S
マイネルユキツバキ
評価割れで狙い目
中山ダート1800mは7戦して[3.2.1.1]の好成績を誇るマイネルユキツバキ。ハンデ戦で評価が割れるようなら絶好の狙い目だ。

以前はジリ脚で決め手不足の印象もあったが、今春の下総Sを逃げ切り勝ちしたあたりから目に見えてパワーアップ。前走の福島民友Cは、初めてのダート1700mにも難なく対応してオープン特別初勝利と、完全に軌道に乗ってきた感。高木登師も「前走は内の狭いところを割って力強く抜け出した。ここに来て確実に力をつけているので、今回も好レースを期待」と連勝を目論む。



日曜中山10R
常総S
サトノエルドール
1着か2着しかない
昇級戦の前走ノベンバーSで3着のサトノエルドール。直線で密集した馬群を捌くのに苦労した分、あと一歩届かなかったが、勝ち馬とはコンマ1秒差ならクラスにメドが立ったとみていい。

まだ発馬が安定しない面はあるものの、馬体に実が入り着実に成長しており、国枝師も「2勝クラスを勝ったのがこの中山。コース替わりは問題ない。流れに乗った競馬ができれば、前走以上にやれていい」と期待十分。“前走以上”となると、1着か2着しかない。ここは相手探しの一戦だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧