日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年04月02日]

名伯楽がゴーサイン


土曜中山9R
安房特別
シークレットラン
ここで惜敗にピリオド
3戦続けて微差・2着に惜敗しているシークレットランが今度こそ決める。切れる脚に欠ける分、どうしても勝ち味の遅さはあるが、成績が示す通り2勝クラスなら間違いなく脚力は上位。

前走は初めての2500Mで惜しくも2着だったが、3着には3馬身半差。持続力を生かせる分、むしろ長丁場がピッタリで、高木助手は「ちょっと勝ち運がない印象だが、調子自体は変わりなく来ている。今度こその気持ちだよ」とキッパリ。再度、同舞台で前進あるのみ。



土曜中山10R
湾岸S
レッドアステル
名伯楽がゴーサイン
前開催のスピカSでの復帰を予定していたが、中筋の軽い腫れとカイバ食いが細くなったため、ここまで待機したレッドアステルだが、肝心の状態に関して「もう脚元の方は心配ないし、緩めずに乗り込んだので仕上がりも順調だ」と国枝師。名伯楽がゴーサインを出したのだから、力は出せるということ。

輸送で16キロ減らした桜花賞を除けば、まだ底を見せていない状素材。目下、連勝中と軌道にも乗ってきており、国枝師も「昇級戦になるが、このクラスでも力は十分通用する。距離もこなせるし、初戦から好レースを期待したい」とイキナリからの構え。


[PR]馬券のプロが推奨【大阪杯】穴馬3頭はこれだ!!



土曜中山11R
ダービー卿CT
プリモシーン
男馬相手でも主役
紅一点のプリモシーンがここでも主役だ。昨秋は調子を崩して大敗続きだったが、休み明けで臨んだ前走の東京新聞杯ではプラス8キロとフックラとした造りで、見事に馬体の立て直しに成功。3つ目の重賞タイトルを手にした。

今回は1年ぶりの中山マイルだが、昨年のこのレースでクビ差・2着の実績があり、牝馬に56キロの実質トップハンデも実力の証。木村師も「引き続き良いデキをキープ。中山でも勝っているし、コース替わりも大丈夫」と自信を持っての参戦だ。



日曜中山10R
浅草特別
カルリーノ
良馬場なら違う
前走は道悪に泣いたカルリーノの反撃に期待する。その前走はいつも通り後方でジックリと脚をタメていたが、直線はジリジリとなって弾けず。三浦騎手も「緩い馬場が堪えた」と分析。参考外としていいだろう。

今週は雨の心配もなく良馬場が濃厚。高橋裕師も「切れが持ち味なので良馬場でこその馬。日曜はいい馬場でやれそうだし、十分にチャンスはあるよ」と巻き返しに意欲満々。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧