日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年02月27日]

超ベテランもオススメ


土曜中山9R
デイジー賞
ウインキートス
あのマーフィー騎手も高評価
今回と同じ舞台の中山芝1800Mで未勝利戦を圧勝したウインキートスが昇級のここも主役を担う。その前走は馬群の中団で折り合いに専念し、勝負どころから動いて出ると、直線は力強い伸びを見せて2着を3馬身半もちぎる楽勝だった。

短期免許で圧倒的存在感を示した、当時の鞍上マーフィー騎手も「ここでは力が抜けていた。昇級してもすぐにチャンスはある」と高評価していたほど。牝馬限定のここは連勝が濃厚だ。



土曜中山10R
富里特別
ダディーズマインド
OPまで行かないと困る
前走はゴール前で息切れし惜しくも2着に敗れたダディーズマインドだが、この2着が価値大。と言うのも、実は夏場に重度の夏負けでガタガタになってしまい、それが6ヶ月半もの長期休養を余儀なくされた原因。要はまだ本調子ではなかった段階での好走で、青木師も「やっぱり力がある馬だ」と能力を再確認。

1度叩いたことで今回は型通りに良化しており、青木師は「オープンまで行ってもらわないと困る馬。良績のある中山に替わってキッチリ決めたい」と期待十分。




土曜中山11R
サンシャインS
サンアップルトン
超ベテランもオススメ
前走の早春Sを2着に好走したサンアップルトン。ゴール前の攻防で惜しくもクビ差だけ競り負けたが、昇級初戦を考慮すれば上々の内容で、早くもクラスにメドが立った。

コンビ結成後は3戦して1,1,2着と相性抜群の柴田善騎手も「成長力に富む4歳馬らしく、走るたびに力をつけている。競馬も上手な馬なので、このクラスは近いうちに勝てると思う」とベテランらしく冷静なジャッジ。中山も2000M以上では2戦して1,2着と連対率100%。ここでオープン入りを決める公算大。



日曜中山10R
ブラッドストーンS
クインズラミントン
狙い定めた中山で反撃
直近の4戦は中山にこだわって使われてきたクインズラミントン。東京をパスしたのは、もちろんこの中山を狙っていたから。前走の初春Sは追ってから今ひとつ伸び切れず6着に敗れたが、池上和師は「暮れのフェアウェルSを除外され、出走が2週延びたことが微妙に影響した」と分析。

巻き返しを図る今回は短期放牧を挟んでジックリと調整され「仕上がりは間違いなく前回以上」と担当がデキに太鼓判を押せば、池上和師も「中山は得意コース。クラス2戦の今回は勝ち負けを期待したい」と反撃態勢。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧