日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年03月05日]

権利獲りへ落とせない


土曜中山9R
潮来特別
シークレットラン
狙った中山で今度こそ
ここ2戦は惜しいレースが続いているシークレットランだが、田村師は「やはり2勝クラスなら能力は上位。前走はいつもと違って先行策で好走できたのは収穫だった」と変わらじ評価は高いまま。

今回は2500Mへ距離延長となるが、陣営は掛かる馬ではないので十分に対応できると見ており、田村師も「今回は少頭数に加えメンバーも手ごろなだけに、キッチリ決めたいね」とキッパリ。昨秋以降は中山にこだわって使われており、東京を完全にパスして狙ってきたここで今度こそ決める構えだ。



日曜中山9R
アクアマリンS
シャンデリアムーン
ここは見直しの余地あり
「前走はハイペースに巻き込まれて4着に失速したが、自分のペースで走れればこのクラスでも十分に通用する馬」と斎藤誠師が期待を込めて送り出すシャンデリアムーン

前走後は爪の不安で今回は7ヶ月ぶりになるが、休養で爪も生え揃い、今週の動きを見る限り仕上がりも合格点。斎藤誠師は「理想はひと叩きしてからかも知れないが…」と前置きしつつも「短距離戦ではまだ底を見せていない馬。イキナリから勝ち負けして不思議ないよ」と期待十分。ここは見直しの余地ありだ。




日曜中山10R
総武S
デアフルーグ
復帰2戦目で真価発揮
前走のポルックスSは6ヶ月の休み明けで4着に終わったデアフルーグの巻き返しを期待する。その敗因について「スローペースで流れが向かなかった上に、馬体も少し太かった」と津村騎手は敗因を分析。確かに、成長分を見込んでも、プラス16キロの馬体は重かった。

それが実戦を使ったことで型通りの上昇ぶりで、関係者も「叩いて動きも良くなったよ」と変わり身を強調。もともと中山ダート1800Mは3勝を記録している得意の舞台。復帰2戦目のここが真価発揮の場とみた。



日曜中山11R
弥生賞
サトノフラッグ
権利獲りへ落とせない
父ディープインパクト譲りの鋭い決め手を持つサトノフラッグに注目。新馬戦は仕上がり途上で6着に敗れたものの、その後は未勝利⇒1勝クラスを連勝。それも未勝利はレコードのおまけつきで、2戦とも2着を3馬身突き放す完勝。

国枝師も「ここにきて一段と体がシッカリして、気持ちも乗ってきた」と心身の成長ぶりを強調しており、初の重賞挑戦でも素質は全く見劣らない。しかも目下の収得賞金900万では、皐月賞出走は確約されたとは言えない状況。権利獲りへ陣営も落とせないところだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧