佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第1123球]

【東スポ杯2歳S】完成度よりも大物感を重視

いやぁ、それにしても昨日のグランアレグリアは強かった。直線で進路が見つからなかった時は、ルメールも一瞬ヒヤッとしたんじゃないでしょうか。それでも、あそこから差し切るんですから大したもんです。さすが、アーモンドアイを負かしただけのことはあります。

昨日のメルマガでも触れましたが、グランアレグリアは恐らく成長途上です。これからどこまで強くなるのか。また、藤沢先生はご自身が手掛けたタイキシャトルと比較してどう思われているのかも気になりますね。

予想はユーザー登録のあと!!

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧