日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年02月13日]

連続大敗からの一変も


土曜東京9R
テレビ山梨杯
アップライトスピン
東京で本領発揮
前走の中山で上がり最速の3F34秒9の脚を繰り出し3着したアップライトスピン。しかし、上位2頭にはクビ、ハナ差とわずかに及ばずという競馬。これには陣営も「器用さに欠けるので中山だと勝ち切るまでは難しい」と分析。

その点、直線の長い東京は最後までシッカリと脚を使えるのが強み。前走後は在厩でこの東京を狙って調整され仕上がりも万全で、池上和師も「東京の芝1800Mは2勝を記録しているベストの舞台。ここも好レースを期待したい」と自信アリだ。



土曜東京10R
雲雀S
ベストアクター
東京千四ならもう一丁
引き続き東京芝1400Mならベストアクターのもう一丁がありそうだ。前走の神奈川新聞杯は好位から楽に抜け出して快勝。勝ちタイム1分20秒6も優秀で、2着とはコンマ2秒差も「着差以上に強い競馬だった」と鹿戸雄師は高評価。

これで東京芝1400Mは5戦して[2.1.0.2]の安定感で、前走の内容なら3勝クラスへ昇級しても力は通用。鹿戸雄師も「東京の1400M戦が合うので、早くからここを目標に調整してきた。休み明けでも仕上がりは問題ないので、勝ち負けを期待したい」とイキナリからの構え。




土曜東京11R
クイーンC(G3)
ホウオウピースフル
師いわく「マイルはいい」
有馬記念馬ブラストワンピースの半妹ホウオウピースフルの重賞初制覇のチャンス。良血の期待に違わぬ走りで、牡馬相手の新馬⇒百日草特別を連勝と、素質の高さを見せつけた。

今回は距離を詰めて初のマイル戦になるが、大竹師は「気性が激しい馬なので、もともとマイル戦の方がいいと思っていた」とキッパリ。放牧効果で馬体がひと回り大きく成長してパワーアップしており、3連勝で一気に決める公算大。



日曜東京10R
バレンタインS
ショーム
連続大敗からの一変も
ここ2戦で崩れているショームだが、2走前は枠入りの悪い馬がいて、1頭だけゲート内でかなり待たされたことが響いたもの。そして前走は気分良く行かせ過ぎたものと、いずれも敗因はハッキリ。

鈴木伸師も「この馬は脚をタメての直線勝負が合っている。3走前のグリーンチャンネルC(2着)のような競馬ができれば巻き返せるはず」と反撃に意欲満々。その3走前の2着が示す通り、現級でも力は足りる馬。ベストの東京ダート1400Mなら見直しが必要だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧