重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

12/26 今年最後のG1!ホープフルS注目はこの2頭!

先週の有馬記念(G1)は[データ注目馬]ワールドプレミアが3着へと好走。武豊騎手の決め打ちとも言える後方待機策が上手くハマったし、それに応えた馬も立派だ。春の天皇賞(G1)でも有力だろう。

第36回 ホープフルS(G1) 注目馬

データ
ヴェルトライゼンデ
G2、G1での過去5年、前走1着馬が【4.5.5.29】と馬券圏内の大部分を占めていて、中でも京都コースの1着馬が【2.2.2.6】と好走率が高い。日程的なレース間隔、形態こそ違えど同じ右回りというのが効いているのだろう。

心身とも着実に成長していて、今の荒れた馬場や急坂も苦にしないパワータイプ。コース替わりがプラスに出てもいいはずだ。

気配
ディアセオリー
前走は超の付く高速決着で前が止まらない展開だったが、控える競馬を教え込ませつつ、6着とはいえ走破時計は1分59秒4。上がり3F最速タイの脚で最後まで伸びていた。

ここで経験した後半の持続力勝負はG1のタフな競馬にも生きてくるし、緩い流れしかしていない馬より優位に立てるポイント。本来は今の荒れてパワーが要る馬場が合っているため、ここで激走しても不思議ではない。

※ 12/26日時点での注目馬となりますので、ご了承ください。

昨年の勝ち馬サートゥルナーリアが皐月賞馬になったように、翌年のクラシック路線を占う上で重要な一戦。

ただ、2歳戦であることに変わりはなく、阪神JFで無敗馬リアアメリア&ウーマンズハートが沈んだようなことが再び起きても驚けない。実力に見合う評価ができるかどうかが大事になってくる。

多くの馬が初となる中山芝2000mでの能力比較、枠順や馬場が有利に働く馬の見極め、陣営の勝負気配など、ギリギリまで確認すべき要素が残されているが、それらを踏まえて公開される5頭の馬券候補もぜひ参考にしてもらいたい。

<PR>シンクタンク

年末年始も好結果続出!
中山金杯(G3)
トリオンフ(2人気)
ウインイクシード(6人気)

ホープフルS(G1)
コントレイル(1人気)
ヴェルトライゼンデ(3人気)
ワーケア(2人気)

有馬記念(G1)
リスグラシュー(2人気)
サートゥルナーリア(3人気)

データ・追い切り・勝負気配から
<馬券のプロ>が導き出した
 馬券候補 はこれだ!

レース当日の10:00頃に公開!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧