重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

【京都記念】1番人気8連敗中!G1好走馬が着順を落とす…

京都記念(G2)は、特殊な適性が求められる重賞です。

1番人気は8年連続で勝っておらず、毎年のように3歳クラシック路線で結果を残してきた馬達が人気を裏切っています。

■18年レイデオロ(3着)
→日本ダービー1着、ジャパンC2着

■17年マカヒキ(3着)
→日本ダービー1着

■14年ハープスター(5着)
→オークス2着

■13年ジェンティルドンナ(6着)
→ジャパンC1着、オークス1着

※レース当時の実績

この4頭に共通しているのは、《東京芝2400mで好走実績》があることでしょう。

東京芝コースは、道中の流れが落ち着き、直線が長いため瞬発力勝負になりやすいです。

好走するには何においても一瞬の切れ、ラスト3ハロン33秒台の末脚が求められます。

しかし、京都記念の舞台は8週連続開催の7週目。

芝コースは、レースを重ねる毎にダメージが蓄積されて走りにくくなるので、瞬発力より持久力が求められます。

事実、近年の勝ち馬は、例外なく一瞬の切れより《長く脚を使うタイプ》ばかりです。

■19年ダンビュライト
→アメリカJCC1着、皐月賞3着

■18年クリンチャー
→菊花賞2着、すみれS1着

■17年サトノクラウン
→前年の覇者、香港ヴァーズ1着

■16年サトノクラウン
→弥生賞1着

■15年ラブリーデイ
→中山金杯1着

レース当時の実績

京都記念の馬券のポイントは《連続開催で荒れた馬場適性》でしょう。

具体的には、東京芝2400mなど王道路線において瞬発力勝負で結果を残してきた馬より、京都や中山など持久力が求められるコースを得意とする馬が狙い目です。

今年のメンバーだとステイフーリッシュノーブルマーズ辺りが面白そうです。

上位人気が予想されるカレンブーケドール(ジャパンC2着、オークス2着)、クロノジェネシス(オークス3着)の扱いなど含めて、調教師時代に培った“洞察力”を発揮できそうで楽しみです。

本当に買うべき5頭の馬券候補も参考にしてもらいたいと思います。

<PR>
どの馬を買えばいいの!?その悩みを一発解決!

共同通信杯(G3)
ダーリントンホール(3人)
ビターエンダー(4人)
フィリオアレグロ(2人)

京都記念(G2)
クロノジェネシス(1人)
カレンブーケドール(2人)
ステイフーリッシュ(3人)

候補馬が馬券内にゾクゾクと!!

フェブラリーSの馬券候補にも、盲点の人気薄がいる!?

フェブラリーS(G1)の馬券候補5頭は、ここから入手できます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧