重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

【弥生賞】2000mの距離が生み出す“人気の盲点”で穴馬券が獲れる!?

皐月賞トライアル・弥生賞(G2)には、大舞台を目指して各路線から参戦があります。

今回が初の2000mという馬も目立つだけに“距離実績”を気にする方は多いはずです。

実際、過去5年で馬券になった15頭中6頭は芝2000mで連対実績ありました。

19年3着 ブレイキングドーン(4人気)
18年2着 ワグネリアン(2人気)
18年3着 ジャンダルム(4人気)
17年1着 カデナ(1人気)
16年1着 マカヒキ(2人気)
16年2着 リオンディーズ(1人気)

ただ、いずれも有力馬ばかり。

弥生賞を攻略するためには、人気にならない距離延長組の見極めを避けては通れません。ここが美味しい馬券を狙うポイントでもあります。

「距離実績が無いと不安……」というファン心理の裏を突くことになりますね。

▼弥生賞の初2000m好走馬(過去5年)
19年2着 シュヴァルツリーゼ(6人気)
→前走1800mで1着

17年2着 マイスタイル(8人気)
→前走1600mで1着

17年3着 ダンビュライト(5人気)
→前走1800mで3着

16年3着 エアスピネル(3人気)
→前走1600mで2着

15年3着 タガノエスプレッソ(10人気)
→前走1600mで3着

近年、人気薄での激走は《初の2000m組》がほとんど。

弥生賞の傾向として、各馬が折り合い重視で運ぶため、道中の流れが遅くなる傾向があります。

最後の直線は瞬発力勝負になりやすく、1600mや1800mしか経験がない馬でも十分対応できるんです。

このように、ファンの意識ほど“距離の壁”を心配する必要はありません。

今年もこの攻略ポイントが有力馬・伏兵馬の分析に欠かせないでしょう!

本当に買うべき5頭の馬券候補も合わせて参考にしてみてください。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧