重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

今年も10万馬券超え!? 激走条件を満たした穴馬候補!

今週は、桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(G2、阪神芝1400m)が行われます。

フルゲート18頭に対し特別登録が27頭ですので、「ここはチャンスあり」と狙っている陣営が多いのでしょう。18年は5万6610円、19年は1着同着で26万馬券&15万馬券、20年は11万馬券決着と波乱傾向ですから、今年も対策が必要です。

そんな混戦レースを仕留めるために知っておくべき馬券のポイントは《前走から距離の変化》です。以下は、前走の距離別成績です(過去10年)。

前走1200m【0.0.0.33】勝率0.0%・複勝率0.0%
前走1400m【4.3.4.54】勝率6.2%・複勝率16.9%
前走1600m【7.6.6.52】勝率9.9%・複勝率26.8%

昨年は1着エーポス(5人気)、2着ヤマカツマーメイド(2人気)、3着ナイントゥファイブ(12人気)の前走1600m組3頭が揃って馬券になるなど、高確率で人気以上の激走を見せています。

20年1着エーポス(5人気)
20年3着ナイントゥファイブ(12人気)
19年1着ノーワン(12人気)
17年3着ゴールドケープ(6人気)
15年2着ペルフィカ(7人気)

暮れの阪神ジュベナイルF、クラシック初戦の桜花賞と牝馬の主要距離は1600mですから、世代で見ても強い馬が集まりやすい条件と言えます。1200mや1400mで戦ってきた馬との対決では優位に立てるのでしょう。

また、阪神1400mは、先行争いが激しくなりやすく、中盤のペースもなかなか緩まないため、急坂が待ち受ける最後の直線ではスタミナ要素が求められます。スピード一辺倒のスプリンタータイプには厳しい条件です。

ちなみに、今年行われた同コースの重賞でも、阪急杯ではミッキーブリランテ(10人気2着)、京都牝馬Sではギルデッドミラー(5人気2着)、ブランノワール(9人気3着)と激走馬はいずれも前走1600m組でした。

今年の該当馬はエイシンヒテン(クイーンC4着)、オパールムーン(阪神JF6着)、ヨカヨカ(阪神JF5着)などが出走を予定しています。もちろん抽選を突破した前走1600m組にも注意が必要です。

このように、毎年波乱決着になっているフィリーズRには、コース傾向が大きく関係している激走ポイントが潜んでいます。この一戦で本当に買うべき5頭も参考にしてみてください。
PR競走馬のプロが選ぶ今週の馬券候補
元調教師が現役時代に培った相馬眼で、馬券になる馬をズバリ見抜く!
今週は、金鯱賞・フィリーズレビューの2重賞を教えます。
今週の馬券候補を入手しよう
[PR提供] シンクタンク

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧