超人気薄が一世一代の積極策で功を奏すか!?


今週から東京の芝はBコースへ。開幕週から使われてきた内目の部分がカバーされる事で、より瞬発力やスピード性能が問われるコンディションとなる。

ヴィクトリアマイルは毎年Bコースを初めて使われる週に開催されるため、どの年もとにかくスピードを持っている馬が激走する傾向にある。例えば16年、17年と当レースを連覇したストレイトガールは、1200M戦を中心に活躍していたスプリンター。マイル実績よりも、とにかく高いスピードを持っている馬を重視すべき。

そんなヴィクトリアマイルと言えば、なんといっても15年に出現した3連単2070万馬券の大波乱が皆さんの印象に残っている事だろう。

そんな波乱を演出したのが、当時18番人気で激走したミナレット。この馬、元はと言えば1400Mの新馬戦を制して2983万馬券を演出している通り、マイルよりも短い距離で真価を発揮するタイプだった。歴史的大波乱の立役者がどんな馬だったかを考えても、やはり重視すべくはスピードだ。

実はこの条件に該当していた1頭がディメンシオン。先行有利な状況を考えても一発の魅力は十分だったが、無念の出走取消となってしまった。

ただ、そんな先行馬が居なくなった並びならば⑬トロワゼトワルに一発の期待がかかる。この馬の真骨頂は、昨秋の京成杯AHで見せた超高速ラップでの逃げ切り。当時はかなりの高速馬場となっていただけに額面通りに受け取ってはいけないが、それにしても1000M=55秒台の通過ラップは異常なまでのハイペース。

外に⑰コントラチェックがいるためこの馬との兼ね合い次第にはなるが、それを制してひたすら自分のペースで先行する事が出来れば、激走の可能性は十分に秘めている。

ちなみに、鞍上の三浦騎手は東京芝での逃げが非常に得意。過去3年に東京芝コースでハナを取り切った時には、複勝率55.2%の高確率。しかも単勝回収率が664%、複勝回収率が222%の『儲かる』条件だ。一世一代の積極策に期待したい。

<PR>
馬券のプロが推奨する『ヴィクトリアマイルの穴馬3頭』が無料で見れる!

馬券に絡めば、配当が一気に跳ね上がる!?

この馬は、馬券を買う前に、知っておきたい!

ヴィクトリアマイル(G1)で買う『 穴馬 』は

>> ここをタップして入手 <<

できます。

[記事提供:ホースメン会議]

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧