境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2013年4月9日]

恐るべしディープインパクト

春のGIシーズンに重宝する1冊
血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』。全国書店で大反響!絶賛発売中です。アマゾンでもご購入出来ます。


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


先週も境和樹がツイッターでつぶやいた朝イチ厳選穴馬が絶好調![土曜日中山4R]ドリームワン(6人気3着)が激走しました。皆さん、フォローをお願いします。

第73回桜花賞(GI)

1着アユサン
2着レッドオーヴァル
3着プリンセスジャック
:
12着◎シーブリーズライフ

ラップ:
12.4-11.0-11.4-12.1-12.0-11.9-11.5-12.7
時計:1.35.0

恐るべしはディープインパクト。マイルのG1においては、もう決して無視してはいけない存在ということがハッキリしましたね。

今年の3歳世代、決して好調とは言えなかったディープインパクト産駒。牡馬に関してはカミノタサハラキズナとクラシック直前になってようやく重賞ウイナーを出しましたが、牝馬はこの世代、いまだ重賞勝ちゼロという状況。私も『今年のディープは勝ち上がり自体は悪くないが、抜けた大物はいない』と評価していました。
しかし、終わってみればこの桜花賞でワンツー。実は、予想の段階で調べてはいたのですが、やはりディープ産駒のマルセリーナが勝った年も、そのマルセリーナの桜花賞が世代最初の重賞勝ち(牝馬に関して)だったんですね。マイルGIにおける強さもさることながら、この勝負強さ、本番でグッとパフォーマンスを上げる底力は大したものです。素直に脱帽、敬意を表します。

また、日曜の阪神芝コースは、道悪得意のキングカメハメハが活躍するシーンが多かったり、オペラハウス系の人気薄が馬券に絡んだりと、血統的には道悪対応力が問われていたと考えられます。その中で、午前中の未勝利戦、そして桜花賞とディープ産駒が勝ち切ったことは、個人的にかなり驚きの結果でした。基本的にはこういう馬場だとパフォーマンスを落とす傾向が多かったので。この血統に関してはある程度傾向が掴んだと見ていましたが、まだまだ精進が足りないようです。今後も検証を深めなければなりません。

桜花賞の話に戻りますが、人気のクロフネサプライズは、またもや最強の競馬で4着。通過順を見ると分かりますが、この馬の強さ(あくまでこのメンバーにおいてですが)は際立っています。
ただ、これがクロフネ産駒のクロフネ産駒たるゆえん。同産駒は3歳のクラシックで一度も勝ったことがありませんが、もう致命的に決め手が足りないんですよね。それと、ピークが1回早く来てしまうということも特徴。だから、トライアルで好走しても本番で取りこぼすわけです。他馬が本番を前に余裕を残しているところで、クロフネ産駒はマックスの走りをしてしまい、結果として本番で他馬の上昇度に屈してしまいます。今回もその悪いところ、というよりもう個性だと思いますが、それがモロに出てしまいました。惜しいですね、本当に。
ただ、「それならどこで勝てるのか?」と聞かれると結構難しいというのも本音。芝1400mかな?という気もしますが、上級条件の1400mはまたちょっと違いますからね。ダートはもう機を逸した感がありますし、意外に今後の身の振り方は難しいと思います。

本命馬シーブリーズライフに関しては、レースだけ見れば力負けの格好ですが、それは承知の上で買っているわけですから仕方ありません。直線の中盤で前が詰まっていましたが、それがなくても大勢に影響を及ぼすまでには至らなかったでしょう。血統的には狙える根拠があったと思うので、惨敗は非常に残念。ご参考いただいた方、大変申し訳ありませんでした。

来週は皐月賞。今年も面白いレースになりそうです。ロゴタイプが人気を集めるのでしょうが、1600~1800mで高いパフォーマンスを出すあたり、父ローエングリンが色濃く出ているように見えます。だとすれば、たった1ハロンの違いでも2000mでガクンとパフォーマンスを落とす可能性もあるんじゃないでしょうか。桜花賞ほどではありませんが、皐月賞もやはり人気馬を素直に信頼できないレースだと思います。

───────────────────────────────────
【KKベストセラーズ競馬本フェア 特別イベント】
★書泉グランデ・書泉ブックタワー

春GⅠ予想キャンペーン
●下記日程において、KKベストセラーズの競馬書籍、月刊誌「競馬最強の法則」のいずれか1冊でも購入されたお客様には、対象GⅠの予想をお付けいたします。
・書泉グランデ(東京・神田神保町=最寄駅地下鉄「神保町」・3F競馬書籍コーナー)
・書泉ブックタワー(東京・神田佐久間町=最寄駅JR「秋葉原」・4F競馬書籍コーナー)

●日程&登場予想家
4月6・7日 7日桜花賞予想~久保和功(京大式)・樋野竜司(政治騎手)
  13・14日 14日皐月賞予想~樋野竜司(政治騎手)・境和樹(非常識ルール)
  27・28日 28日天皇賞春予想~久保和功(京大式)・仲谷光太郎(レイトバスター)
5月4・5日 5日NHKマイルC予想~水上学(血統)・Kヤマモト(Kスタンダード)
  11・12日 12日ヴィクトリアM予想~仲谷光太郎・上野誠(馬券生活者)
  18・19日 19日オークス予想~境和樹・Kヤマモト
25・26日 26日ダービー予想~水上学・久保和功
6月1・2日 2日安田記念予想~水上学・樋野竜司
※諸事情により、予定の予想家が突然変更する場合もあります。なにとぞご了承ください。
※予想は、各予想家によって、買い目ではなく、レース分析や特注馬のみ挙げる場合もありますことをご了承ください。
※馬券は自己責任において、ご購入お願いいたします。
[KKベストセラーズ]

───────────────────────────────────

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧