境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2013年6月18日]

適性が問われた両重賞

第20回函館スプリントS(G3)
1着パドトロワ
2着シュプリームギフト
3着◎フォーエバーマーク

ラップ:
12.0-10.7-11.4-11.6-11.0-11.8
時計:1.08.5

洋芝の特殊性を改めて感じる結果でした。上位3頭とも函館、札幌コースに実績があった馬。それを考えれば1、2着馬はハッキリ人気がなさ過ぎました。特殊な条件こそ適性が大きな武器になるということは常々指摘していることですが、このレースの結果を見ると本当にそう思わされますね。
特に強調もしていないので偉そうなことは言えませんが、勝ったパドトロワは狙い目としては絶好だったと思います。洋芝実績のある実力馬(スプリンターズS2着)がなんと6番人気。近走で二桁大敗を繰り返していたことが人気落ちの要因だったと思いますが、先日のヴィクトリアマイルにおけるホエールキャプチャ同様、得意条件に戻って復活するケースは枚挙にいとまがありません。そして、適性のない舞台で大敗していた馬を、適性のある舞台で見直すということは、適性理論の基本中の基本。“もう終わった”と成績だけ見て言うのは簡単ですが、そこで踏み止まって『本当に終わってるのだろうか?』ということを考えないといけませんね。これは自戒の念も込めて書いておきたいと思います。

本命にしたフォーエバーマークはゴール前で差されて3着。まあ、パドトロワにあれだけピッタリ来られてまさか押し切れるなんてムシの良いことは考えませんでしたが、期待通りの競馬はしてくれました。う~ん、正直、思っていた以上の人気になってしまったのはちょっとした誤算でした(月曜日の週刊誌では△が付いているくらいだったんですけどね)。逃げ馬は注目されるだけ損ですから。とはいえ、このレースのテーマはNダンサー系産駒を狙うということにありましたから、私のスタイルではこの馬以外の本命はあり得ません。納得の一戦でした。

次に、1番人気で敗れたドリームバレンチノについて。この日の函館は異常に時計が速く、その意味ではこの馬向きの馬場だったとは思います。それでいて伸びが鈍ったのはやはり59キロの影響なのでしょう。7着同着とはいえ勝ち馬から0.2秒差ですから、そう悲観する内容ではなかったと思います。

最後になりますが、これは昨年のスプリンターズSの予想コラムでも指摘したことですが、スプリンターズSと函館スプリントSは非常に関連性が強いレースです。まあ、ロードカナロアに出てこられるとどうしようもない気はしますが、ここで好走した組に関してはスプリンターズSでも要注意と記しておきたいと思います。

第18回ユニコーンS(G3)
1着ベストウォーリア
2着サウンドリアーナ
3着サウンドトゥルー
:
7着◎ミヤジマッキー

ラップ:
12.4-11.1-12.1-12.5-12.5-11.9-11.7-11.8
時計:1.36.0

一言、スローの決め手比べ。道悪で1.0秒近く時計が出る馬場だったにしては時計が平凡なのは、ひとえにスローだったためです。レースの上がり3Fが35.4秒、位置取り云々以前に、どれだけ切れる脚を使えるかが勝敗を分けることになりました。
もっとも、このペースだと馬群がバラけませんから、外を回す馬には基本的に不利。それを考えればサウンドリアーナは極上の決め手と性能を示したと思います。これはまず好評価すべき。今回のメンバーで一番強かったのはこの馬だと思います。
次に評価できるのは3着同着のケイアイレオーネ。これはタイプ的に1400mっぽい持続力勝負に強いタイプなので、このレースに関しては完全に流れ不向き。3着に踏ん張ったのは地力の証明と言っていいでしょう。この後、距離を詰めて本来の適条件に使ってくればかなり楽しめる馬でしょう。
ベストウォーリアはコース取りの分で勝ち切った競馬。コテコテの米国血統にこれだけの瞬発力があるとは思いませんでしたが、米国血統らしい完成度の高さが為し得たことかもしれませんね。課題は成長力ということになりそうです。

本命に推したミヤジマッキーは、この流れではどうしようもありません。明らかな切れ負け。スパイキュール産駒にこのレースで上位に来るだけの瞬発力を求めてはいけません。乗り方も完璧でしたし、馬も一生懸命走ってくれましたが、この流れではお手上げ、これは適性外です。どこかで巻き返すチャンスがあると思いますので、引き続きご注目を。
血統傾向的には、ジェベルムーサがいなくなった以上、この馬がベストだと判断しましたが、正解はサウンドトゥルーでしたね。難しいものです。

───────────────────────────────────
■宝塚記念まつり GI生討論会に出演決定!
境和樹が宝塚記念週の6月21日金曜日の20時より、ニコニコ生放送で東スポ主催のGI生討論会にゲスト出演します。
そこで、あの東大卒の秀英血統評論家・水上学と共演。血統評論家とひとくくりにしても、まったく違った視点から本命馬を導き出すふたりの対談を存分にお楽しみ下さい。
詳しくは、下記をクリック!
宝塚記念GI生討論会

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧