境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

関屋記念の回顧

第50回関屋記念(GⅢ)
1着レッドアリオン
2着マジェスティハーツ
3着ヤングマンパワー

ラップ:
13.2-11.5-11.7-11.5-11.4-11.2-10.7-11.4
時計:1.32.6

前後半の半マイルが47.9-44.7秒。レースの上がりが33.3秒で、1着からシンガリまでの着差が0.6秒。いわゆる団子状態から前にいた馬が緩ペースを利して残り、一番切れる脚を使ったマジェスティハーツが割って入ったというレース。もう1回同じメンバーでやったら違う結果になるだろうなぁという、いわゆる展開の妙が勝敗を分けた一戦だったと思います。

結果的には鞍上がいかに思い切れたか、それが勝負の分かれ目になったわけですが、勝った川須騎手はもちろん、個人的には3着ヤングマンパワーの松岡騎手の好騎乗、好判断が印象に残りました。そうです、『先行できるダンチヒ系』、この関屋記念の血統テーマを満たす騎乗だったからです。本人はおそらくそんなことを意識してはいなかったと思いますが、このレースで来るダンチヒ系は『先行できる』という条件が付きます。裏を返せば、過去の傾向上、先行したダンチヒ系保持馬は相当数馬券になっていたわけです。結果的にその傾向に嵌る騎乗、このあたりはフタを開けてみなければ分からない(特に乗り替わりのない継続騎乗だから尚更)ところなので、さすがにコレは事前には選べませんが、奇しくも、その思い切りのいい判断が、過去の血統傾向が活きるという結末に繋がりました。来年以降も『先行できるダンチヒ系』には要注意。

本命馬アルマディヴァンは僅かの差で4着。先週の小倉記念に続いての惜敗は心が折れかけるところですが、まあ頑張ってくれたと思いますよ。このペースですから、前が詰まったりするのは仕方ないですし、外に切り替えていたら絶望的ですからね。それにしても、混戦模様のオッズだったとはいえ、今回も8番人気。走っても走っても人気にならない馬というのはいるものですね。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧