境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

ダブル重賞の回顧

第51回札幌記念
1着ディサイファ
2着ヒットザターゲット
3着ダービーフィズ

ラップ:
12.5-10.9-11.7-11.9-11.9-12.0-11.9-12.0-12.1-12.1
時計:1.59.0

長距離血統保持馬のテーマを満たしていたヒットザターゲットが2着。過去にこのレースで好走歴のあるジャングルポケット産駒が3着しており、傾向としてはトレースしていたかなとは思います。正解を引けなかった悔しさは残りますが、来年以降も血統傾向としてはコレを重視していきたいところ。

もう一つは、やはりディープインパクトですね。昨年のハープスターに続き2連覇。元々、同じ洋芝でも函館よりも札幌でグンとパフォーマンスを上げるのがディープインパクトの特徴ですから、このレースでの重要性も今後さらに高まってくることが予想されます。今年のように、複数の産駒が出走している際に、どれを引くかという戦いになっていく可能性はあるでしょうね。

期待したトウケイヘイローは、勝ち馬に密着マークを食らってしまいました。これは苦しかった。息を入れる場面がなく、結果的にいい目標にされてしまった感じでした。


第50回北九州記念
1着ベルカント
2着ビッグアーサー
3着ベルルミエール

ラップ:
11.7-10.2-10.8-11.2-11.9-11.5
時計:1.07.3

32.7-34.6。前後半のラップ差は1.9秒ですから、32秒台の入りだったことも含めて、昨年ほどは異質とは言えない流れでしたが、それでも上記ラップ推移の通り、今度は肩上がりにならない変則型。う~む……。
ただ、昨年同様、母父ボストンハーバー、父スウェプトオーヴァーボードと米国ダート血統保持馬が来ていることは注目できるポイント。レースの流れはどうやら以前のような極端なものにはならないのかもしれませんが、血統傾向は従前どおりで良さそう。これに「前走条件馬」というファクターも加えて、来年は考えていくことになりますね。

今週の小倉芝コースは非常にフラットで、内外の差はほとんどありませんでした。日曜日になって若干内OKの度合いが強まったかな?という気はしますが、それでも大きな差はなかったと思います。このあたりもかつての北九州記念と傾向が異なってきた要因なのでしょう。馬場造園技術の向上が背景にあるのだと思いますが、今年の結果を受けて、来年以降もこういった馬場傾向は前提にしないといけないのかもしれません。




待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧