境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

菊花賞の回顧

第76回菊花賞
1着キタサンブラック
2着リアルスティール
3着リアファル

ラップ:
12.7-11.1-11.6-12.3-12.5-13.1-13.7-13.7-11.8-12.1-12.0-11.9-11.6-12.2-11.6
時計:3.03.9

終わってみれば、春の上位勢力と神戸新聞杯勝ち馬のワンツースリー。それだけ見れば順当な結果だったということなのでしょう。常々申し上げることですが、3歳馬同士の一戦ですから、時としてこの時点の序列通りに決まってしまうことはあり得る話。キタサンブラックが絶妙な位置取り~コース取りだったことも合わせて、仕方ないと納得するしかない一戦でした。

そのキタサンブラックについて、やはり『母父サクラバクシンオー』という点がネックになった方は多かったと思います。まあ、普通は長距離戦で買うような血統ではありませんよね。ただ、個人的には、『母父サクラバクシンオー』という点をネックに考えるのであれば、セントライト記念の段階でキズになっていたはずであり、ペースの恩恵があったとはいえそれをこなしてしまった以上、もう距離不安という視点はナンセンスだったのかなと思います。2200まではギリギリで、さすがに3000じゃ厳しいだろうという考え方は理解できますが、個人的な感覚だと2200をこなした時点でサクラバクシンオーという括りでどうこう言うのはもう違うのかなぁと。

もっとも、これをもってサクラバクシンオーに長距離血統の可能性があると考える必要はないと思いますし、また、キタサンブラック自体も長距離馬ではないでしょう。あくまで3歳馬同士、長距離に適性がある馬が集まっているわけではないレースでの結果だと割り切った方がいいと思います。ガチンコで適性を問われたらさすがにこう上手くはいかないはずです。

2着リアルスティールも同世代の中での序列で着順が上がった結果。本来の適性はここにはないでしょうし、正直、今後はかなり苦しい戦いを強いられるでしょう。早い段階から走ったディープ×ストームキャットは成長力に疑問が残るというのが、私の持論です。

3着リアファルは想定されていた通り、初めてイジメられる競馬になりましたが、それを跳ね除けて3着ですから立派だったと思います。今後に向けて可能性があるとすればこの馬だけでしょうね。ダート中距離と芝長距離は適性がリンクしやすいので、この馬に関しては今後も長距離重賞で活躍が期待できるかもしれません。

期待したミュゼエイリアンは、横山典騎手らしい奇抜な戦法で一発を狙ってくれましたが、最後は疲れてしまいましたね。まあ、血統傾向的にはこの馬だったと思うので、そのレース振りも含めて後悔はありません。よく頑張ってくれました。

それにしても、あれだけハービンジャー、メイショウサムソンが猛威を揮う中で、ディープ一族のワンツーで終わるのですから、その血脈の力には感服せざるを得ません。今回の結果を受けて、『血統なんか関係ないじゃん』という声が出てくる気もしますが、このワンツーが血統の偉大さを証明していると私は思います。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧