境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

阪神ジュベナイルフィリーズの回顧

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ
1着メジャーエンブレム
2着ウインファビラス
3着ブランボヌール

ラップ:
12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6
時計:1.34.5

まず、レース全体の回顧から。
決着時計1.34.5秒は、当日の馬場差(±0.0秒)を考えれば意外に標準的な時計レベル。始まる前はかなりレベルが低いんじゃないか?と考えていたレースですが、少なくとも時計的にはそうでもなかったようです。まあ、上位馬のこの先を考えるとあまりパッとしたものも感じませんが、ひとまず、例年のクラシックくらいのレベルは保てそうな印象があります。

勝ったメジャーエンブレムは抜群のスタートを切ってそのまま早め先頭からの押し切り勝ち。今の阪神は極端なトラックバイアスこそないものの、若干ですが内を通った馬が有利な状態。その馬場と枠順、そして脚質にスタートと、あらゆる面でこの馬に風が吹いていました。
かといって、恵まれた勝利かと言われれば決してそうでもなく、横の比較で一枚抜けていたことは確かです。血統的にはクズは出ないが大物も出ないキャッチータイトル牝系で、2歳GⅠと不思議と縁がなかったダイワメジャー産駒。実はかなり懐疑的に見ていたのですが、見事に覆されてしまいました。これに関しては完全に見立ての誤まり。
これはあくまで個人的な見方ですが、ダイワメジャー産駒がこれまで2歳GⅠに縁がなかったことは、かなり重要なファクターだと思っていました。2011年に初年度産駒がデビューして以来、順調に2歳戦の勝ち星を延ばし続けているダイワメジャー。もはや、2歳戦においてはディープインパクトをも凌ぐ存在になりつつあります。それが、これまで13頭GⅠに出走し未勝利、それどころか馬券に絡んだ馬すら1頭もいないという壊滅的な状況。2歳戦に強いのに、GⅠで来ない。このことが、ダイワメジャーという種牡馬の本質を表していると考えていたわけですね。すなわち、完成が早く底力に欠けるということ。
それが、今回のメジャーエンブレムで一応崩れた格好になります。“一応”と書いたのは、まだ好走例が少ないからで、今日もメジャーエンブレム以外の4頭は全て二桁着順に沈んでいます。ただ、凡走例が増えても、その分、好走例が出たことに関しては一定の評価が必要ですから、今後は少し見方を変えなければいけないなと思う次第です。
いずれにしても、ディープインパクトとは全く個性が異なる種牡馬ですから、今後勢力を拡大するようなら日本競馬を少しづつ変えていく貴重な存在になるかもしれません。

2着ウインファビラスはステイゴールド産駒。2歳、特に牝馬の好走例が多いことで最近は知られているこの種牡馬。大舞台でも結果を出しました。牡馬相手の新潟2歳S2着の実績もモノを言った格好。崩れたアルテミスSでも掲示板を確保しており、今年のメンバーならこれで要素は満たしていたということでしょう。
3着ブランボヌールがディープインパクト産駒。意地を見せた格好ですが、このレースに出走していたディープ産駒は、どれもクラシックの本丸ではない気がします。いずれも母系が貧弱すぎます。もっとも、最近は早熟性の強い母系を持った馬がクラシックまで水準を維持するという傾向があることはあるのですが、どうしても、ディープインパクトに期待しているものとは少し違うなぁという印象を持ってしまいます。こういう言い方は時代錯誤なのかもしれませんが、もう少しドッシリとした母系との組み合わせで、GⅠ戦線を賑わす産駒が出てきて欲しいものです。

最後に、期待したクロコスミアについて。馬体重を見てホッとしたのもつかの間(さすがに、400キロ切って出てきたらどうしよう……と気に病んでいたので)、レースではガッツリ引っ掛かって余力を失くしてしまいました。イメージしていた通りのレース(土曜のフルーキー、勝浦騎手なら昨年の朝日杯、アルマワイオリのような競馬)をしてくれたのに伸びなかったわけですから、これはもう諦めるしかありません。あるいは、初の当日輸送が堪えたのかもしれません。

最後に、目を引いた馬として6着ペルソナリテを挙げておきます。この開催の阪神芝は、極端な時計差がない非常に標準的な馬場(個人的には非常に好感が持てる馬場)で、若干内が有利かな?という程度で、トラックバイアスはほとんどないと見ています。ただし、直線一気はほとんど嵌りません。その意味で、今日のこの馬は全くノーチャンスの競馬をしていたと思います。それを考えればここまで差を詰めた点は素直に評価したいところ。母父アドマイヤコジーンはどうかと思いますが、母母父にリボー系タイトスポットを持つステイゴールド産駒。もっと馬場が悪くなったとき、アッと驚く大仕事をしそうな予感がします。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧