境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

東西金杯の回顧

第54回京都金杯
1着ウインプリメーラ
2着テイエムタイホー
3着ミッキーラブソング

ラップ:
12.3-10.9-11.4-12.2-11.6-11.3-11.6-11.7
時計:1.33.0

この決着は個人的には驚きでした。長距離GⅠ血統や欧州血統持ちが頻繁に来るレースで、血統的側面から見るとスピードの要求値が低いマイル重賞。その趣旨に沿えば、勝ち馬ウインプリメーラ(父ステイゴールド)、2着テイエムタイホー(父ニューイングランド)は、まあ分からなくもありません。どちらもスピードはあんまりないですからね。レース自体の質には合っていたと解釈できます。しかし、その後にミッキーラブソングですか……キンカメにフジキセキ。どちらかと言えばスピードが勝っているくらいの配合馬が紛れ込んできました。これに驚き。昨年の大敗は外枠のせいとハッキリしていたので、着順が上がること自体はいいのですが、馬券圏内まで来るとは。血統的には明らかにズレた馬だったと思うので、それを跳ね除ける何かがあったのでしょう。それが能力なのかデキの良さなのか。単純にレース展開や枠順(トラックバイアスも含めて)なのかもしれませんが、少なくとも次走とその次くらいは注意しなければいけない馬だと思います。


第65回中山金杯
1着ヤマカツエース
2着マイネルフロスト
3着フルーキー

ラップ:
12.7-11.1-13.4-12.3-12.8-12.3-12.3-11.8-11.1-11.4
時計:2.01.2

言ったそばから上がり3ハロンの競馬ですよ。さすがにコレは泣けてきました。この流れではステラウインドは適性ズレします。まさにその典型のような負け方を喫しました。多少直線でモタれてモタモタしていましたが、こういう流れで切れ負けするのは分かっていることなので、納得するしかありません。
それにしても、1、2着が母父グラスワンダー。有馬記念を勝ったゴールドアクターもグラスワンダーの仔であるスクリーンヒーロー産駒。ロベルトの支配力が落ちてきた昨今の中山芝コースですが、ここに来て何やら反抗の気配がしてきています。ちなみに同レース3着キタサンブラックの父ブラックタイドも、このレースでは2着マイネルフロストの父として再登場しましたね。




待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧