【ヴィクトリアマイル2022予想】超ハイレベルな女王決定戦の行方は?意外な馬券候補も浮上!?

NHKマイルカップは、3着に最低人気が飛び込んで大波乱の決着!そう言えば…2015年のヴィクトリアマイルも3着に最低人気が飛び込んで、3連単は2000万オーバーというモンスター級の配当が飛び出しましたね。2022年のG1は、未だに1番人気が未勝利…。今年は一体どうなるのでしょうか?

この特集ページでは、過去10年データ・騎手データ・追い切りから予想で注目しておく【推し】をピックアップしていきます。

レース前日には、うまスク厳選の激推し馬を1頭取り上げます。水曜~土曜まで毎日更新されるコンテンツを見て、予想に活かしてください!
ー ヴィクトリアマイル特集・目次 ー


お知らせ
うまスクエア完全オリジナル!レース適性スコアをメールマガジン限定で配信します。

週に1レースのみの厳選配信で、レース適性トップ5を配信!

レース当日昼のメールマガジン(レース直前号)で配信します。

うまスクエアオリジナル・レース適性スコアをゲットして、予想に活かそう!ユーザー登録・メールマガジン購読は無料です。

NHKマイルC
  • 3位 マテンロウオリオン(3番人気 2着)
  • 5位 ダノンスコーピオン(4番人気 1着)


今週の対象レースは、ヴィクトリアマイルです。


適性スコアをゲットする

01特別登録/出馬表

2022年5月15日(日)
東京11R ヴィクトリアマイル(G1)
東京競馬場 芝1600m 出走:18頭
枠順予想馬名性齢騎手斤量
1デアリングタクト牝5松山弘平55.0
2ソングライン牝4池添謙一55.0
3メイショウミモザ牝5鮫島克駿55.0
4マジックキャッスル牝5戸崎圭太55.0
5ソダシ牝4吉田隼人55.0
6ディヴィーナ牝4武豊55.0
7レシステンシア牝5横山武史55.0
8クリノプレミアム牝5松岡正海55.0
9アブレイズ牝5菅原明良55.0
10ローザノワール牝6田中勝春55.0
11ファインルージュ牝4C.ルメー55.0
12ミスニューヨーク牝5M.デムー55.0
13レイパパレ牝5川田将雅55.0
14アカイイト牝5幸英明55.0
15アンドヴァラナウト牝4福永祐一55.0
16デゼル牝5藤岡康太55.0
17シャドウディーヴァ牝6坂井瑠星55.0
18テルツェット牝5D.レーン55.0

02馬券トピックス

03過去10年データの推し

ポイント
水曜日は、過去10年データから推しを探っていきましょう!

まず最初に見ておきたいのは、前走レースです。まずは下の表をご覧ください。

ヴィクトリアマイル・前走別成績

前レ着度数勝率連率複率
阪神牝4-4-5-60/735.5%11.0%17.8%
中山牝2-2-0-8/1216.7%33.3%33.3%
大阪杯2-1-1-1/540.0%60.0%80.0%
高松宮1-0-2-16/195.3%5.3%15.8%
有馬記1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
福島牝0-1-2-22/250.0%4.0%12.0%
ダーC0-1-0-6/70.0%14.3%14.3%
京都牝0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%


やはり、目立つのは阪神牝馬ステークス組ですね。勝ち馬4頭、連対馬で8頭を出しています。しかし、注目したいのは、高い連対率を出している中山牝馬ステークス組大阪杯組です。

特に、大阪杯は連対率60%、複勝率では80%と驚異的な数字。牡馬混合のG1経験が活きてくるようです。

大阪杯組のヴィクトリアマイル成績

年度馬名(着順)大阪杯成績
21年グランアレグリア(1人気1着)4着
16年ショウナンパンドラ(2人気3着)3着
15年ショウナンパンドラ(7人気8着)9着
14年メイショウマンボ(3人気2着)7着
13年ヴィルシーナ(1人気1着)6着


延べ5頭中4頭は馬券外からの巻き返しです。今年は、アカイイトレイパパレの2頭が出走予定。レイパパレは、大阪杯2着で連対しての参戦。ここでは馬券内の可能性は非常に高そうです。逆にアカイイトは巻き返しが期待できる1頭。人気が落ちれば狙い目となりそうです。

次は、種牡馬を深掘りしていきます。まずは、ヴィクトリアマイルの種牡馬成績を見てみましょう。

ヴィクトリアマイル・種牡馬成績

種牡馬着度数勝率連率複率
ディープ4-5-5-38/527.7%17.3%26.9%
フジキセ2-0-1-1/450.0%50.0%75.0%
クロフネ1-1-0-7/911.1%22.2%22.2%
ステイゴ1-0-1-5/714.3%14.3%28.6%
ハービン1-0-1-0/250.0%50.0%100.0%
ロードカ1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
スズカマ0-1-1-2/40.0%25.0%50.0%
ハーツク0-1-0-7/80.0%12.5%12.5%
キングカ0-1-0-14/150.0%6.7%6.7%
メイショ0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%


やはりというべきですかね…。ディープインパクト産駒が4勝を挙げ好成績です。今年は、テルツェットデゼルマジックキャッスルレイパパレの4頭が出走を予定しています。少なくとも1頭は、馬券になりそうですね。

それでは、もう少し深掘りしてみましょう。過去3年の東京芝1600mのディープインパクト産駒成績から、母父シンボリクリスエスを抜粋したものです。

ディープインパクト×母父シンボリクリスエス

馬名レース着順
キタノインパクト国立特別3人4着
ランブリングアレーヴィクトリアM10人2着
マジックキャッスルヴィクトリアM5人3着
マジックキャッスルクイーンC4人2着
マジックリアリズム500万下6人6着


ここで、注目はヴィクトリアマイルで、ランブリングアレーマジックキャッスルの2頭が馬券になっている事です。この配合の相性はヴィクトリアマイルに合っていそうです。今年もマジックキャッスルが出走予定で注目です。

最後に、枠番別の成績を見ておきましょう。こちらです。

ヴィクトリアマイル・枠番別成績

枠番着度数勝率連率複率
1枠0-0-4-16/200.0%0.0%20.0%
2枠2-1-2-15/2010.0%15.0%25.0%
3枠3-0-1-16/2015.0%15.0%20.0%
4枠0-3-0-16/190.0%15.8%15.8%
5枠0-3-0-16/190.0%15.8%15.8%
6枠3-0-0-17/2015.0%15.0%15.0%
7枠2-0-1-26/296.9%6.9%10.3%
8枠0-3-2-25/300.0%10.0%16.7%


1枠・4枠・8枠からは勝ち馬が出ていません。特に1枠は連対馬もなしという厳しい枠です。今年、1枠にどの馬が入るのかは興味深いところです。有力馬が入った場合は、馬券の取捨にも関わりそうです。

全体的には、大きな偏りはないですが、勝ち馬に焦点を当てると、3枠・6枠には注目しておきたいですね。

枠番の発表は、5/13(金)の9時に発表になります!明日は、騎手データから推しを探っていきます。

過去10年データの推し
レイパパレ
マジックキャッスル

04騎手データの推し

ポイント
木曜日は、騎手データを紐解いていきましょう。

まずは、ヴィクトリアマイルの過去10年間の騎手成績を見てみましょう。

ヴィクトリアマイル・騎手成績

騎手着度数勝率連率複率
Cルメ3-0-0-3/650.0%50.0%50.0%
戸崎圭2-0-2-4/825.0%25.0%50.0%
内田博2-0-0-5/728.6%28.6%28.6%
横山典1-0-1-5/714.3%14.3%28.6%
幸英明1-0-1-0/250.0%50.0%100.0%
Dレー1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
蛯名正0-2-0-4/60.0%33.3%33.3%
武豊0-1-0-8/90.0%11.1%11.1%
Cウィ0-1-0-2/30.0%33.3%33.3%
福永祐0-1-0-8/90.0%11.1%11.1%


最多勝利は、C.ルメール騎手で3勝です。今年の騎乗馬は、ファインルージュです。

注目したいのは、(1-0-1-0/2)で複勝率100%の幸英明騎手です。2017年・2018年と続けてジュールポレールに騎乗して馬券になっています。

しかも、その人気が8番人気・7番人気と人気薄です。今年は、エリザベス女王杯を制しているアカイイトとのコンビで参戦します。

戸崎圭太騎手にも注目しておきましょう。過去10年で4度馬券内に入っています。全て5番人気以下で馬券妙味は十分です。今年も、マジックキャッスルとコンビを組みます。

次に、過去3年の東京芝1600m成績を見てみます。トップ10はこの面々です。

東京芝1600m成績(過去3年)

騎手着度数勝率連率複率
Cルメ43-25-16-54/13831.2%49.3%60.9%
戸崎圭16-15-17-59/10715.0%29.0%44.9%
横山武10-8-5-57/8012.5%22.5%28.8%
川田将10-5-7-22/4422.7%34.1%50.0%
Mデム9-10-3-61/8310.8%22.9%26.5%
Dレー9-5-3-17/3426.5%41.2%50.0%
福永祐8-6-10-31/5514.5%25.5%43.6%
菅原明4-2-5-40/517.8%11.8%21.6%
池添謙3-1-1-16/2114.3%19.0%23.8%
武豊2-5-5-33/454.4%15.6%26.7%


先週と同条件。ここでも、C.ルメール騎手のトップは盤石です。次いで、戸崎圭太騎手がランクインしています。戸崎騎手は、上述の通りヴィクトリアマイルとの相性もよく期待できそうです。

D.レーン騎手もハイアベレージな成績を収めています。今年の騎乗馬であるテルツェットは近走不振ですが、鞍上の腕で復活する可能性も秘めています。

まとめ

騎手データからは、やはりC.ルメール騎手を外すことはできません。また、東京マイルに強い戸崎圭太騎手にも期待できそうです。

騎手データの推し
ファインルージュ
マジックキャッスル

05追い切りの推し

イチオシ
追い切りの推し
ソングライン
5/11(水) 美浦(南W)
5F 69.1-53.6-38.5-11.6(馬なり)

最終追い切りは格下相手ながら懸命に追われるパートナーを尻目に、終始楽な手応えでゆうゆうと先着。終い重点とはいえ、3週続けて並走先着を果たし、先週はコンビを組む池添謙一騎手が脚色を確かめ、2週前と先週はラスト1ハロン11秒台前半のラップを叩き出すなど、サウジアラビア遠征の疲れを微塵も感じさせない力強いフットワークを見せました。

東京のマイルコースは牡馬相手に昨年の富士ステークスを勝ち、NHKマイルカップでシュネルマイスターにハナ差の2着と実績十分。悲願のG1獲りへ機は熟したといえるでしょう。

同じ4歳のファインルージュも初G1制覇へ向けて抜かりない仕上げ。東京新聞杯2着からひと息入りましたが、ここ目標にしっかりと乗り込まれ、軽快な動きを見せています。

不気味に映るのは2走前の中山牝馬ステークスで2着に入っているアブレイズ。1番人気に支持された前走の福島牝馬ステークスは9着と敗れていますが、攻めの動きからデキ落ちは見られません。東京コースでも勝鞍があり、一発の魅力十分です。

追い切り全頭評価

枠順馬名評価短評
1デアリングタクトB徐々に良化中
2ソングラインS充実一途で
3メイショウミモザC馬は元気だが
4マジックキャッスルB動きキビキビ
5ソダシB気配マズマズ
6ディヴィーナB1週前好時計
7レシステンシアB力強い脚捌き
8クリノプレミアムB一連デキ保つ
9アブレイズA納得の仕上り
10ローザノワールC強調材料欠く
11ファインルージュA終い鋭く反応
12ミスニューヨークB終い伸び上々
13レイパパレB疲れなく順調
14アカイイトB巻返せるデキ
15アンドヴァラナウトC馬は元気だが
16デゼルC気配やや地味
17シャドウディーヴァBデキ悪くない
18テルツェットB地味だが順調

06うまスクの激推し

必見
さぁ、最終更新の土曜日は、うまスクが激推しする1頭を公開します。

さっそく、結論から行きましょう!ヴィクトリアマイルの激推し馬はこれです!

うまスクの激推し馬
④マジックキャッスル

過去10年データで取り上げた、ディープインパクト産駒×母父シンボリクリスエスが自身も含め2頭馬券になっていることは見逃せないですね。

また、東京芝1600mで好成績の戸崎圭太騎手が騎乗するというのも心強いです。

このレースは、リピーター率が高いことも特徴として挙げられます。昨年3着に好走した実績からも推すことができます。

枠順は、3枠・6枠が理想でしたが、2枠であれば(2-1-2-15/20)で2勝を挙げ、5頭が馬券に絡んでいる枠。悪くはないでしょう。

昨年も1枠1番からの好走。今回も内目の枠を引けたのはプラスではないでしょうか。

昨年と比較すると出走メンバーのレベルは格段に上がっていますが、買い材料は揃っていると言ってよいと思います。

人気がなければ、積極的に狙っていきたい1頭です。

07予想コンテンツ

お気に入りを見つけよう
競馬がもっともっと楽しくなる!競馬盛り上げサイト!ユーザーの競馬ライフをもっと楽しくするために、うまスクエアでは予想に役立つコンテンツをたくさん用意しています!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

PR

境和樹 SNS

境和樹LINE@やってます

コンテンツ一覧