偏差値予想

11月24日(日)

第39回 ジャパンカップ(GⅠ) 東京11R 芝2400m

各馬の過去10走(※中央競馬が対象)を独自ロジックを使って13項目の予想ファクターで偏差値化。レース適性の総合偏差値から【見解】・【推奨馬券】を公開しています。◎>○>▲>△>☆は各ファクターの偏差値の評価順です。脚質については、過去10走の位置取りを参考に割合を算出し表記しています。▲が主な脚質、△は主ではないが、その位置取りでの競馬をしたことがあることを示します。また、全体に占める各割合が25%未満の場合は、表記しません。
ジャパンカップのレース適性評価

ジャパンカップのレース適性偏差値チャート

<見解>
やってまいりました!ジャパンカップ。先週のマイルCSは無難にに単勝・馬連を的中。ただね・・・ロジックで買い目出してるから、まぁー馬連の相手候補が多いね。仕方のないところだけど。このやり方で、馬連万馬券も的中したこともあるわけだから、一概に点数が多いのが悪いとも言えない…。とにかく、一番は的中すること!コレがいちばんです。それでは、今週も的中目指して行ってみましょう!

本命は②ワグネリアン。直線に坂のある広いコースではまず大きくは崩れない馬だね。重賞実績も申し分ないし、上がり3Fもこのメンバーなら最上位クラスの評価を与えられる馬。2400mでは未だ負けなしだし、何より同じ舞台のダービーを勝った馬だからね。ここは堂々主役と言っていいんじゃないかな。

上位馬の中からは前哨戦のアルゼンチン共和国杯を勝った④ムイトオブリガードをピックアップ。この馬の最大の強調材料は東京2400mで3戦3勝という事だね。この舞台への適性ならメンバー最上位といっていいと思うんだ。冬場に調子を上げてくる馬でもあるし、前走の圧勝も頷ける。海外からビックネームが多数来日している中で、ルメール騎手の意地を見せてもらいたいね。

ランク外の馬では、一昨年のこのレースの勝ち馬、⑪シュヴァルグランに注目している。この馬も先ほどの④ムイトオブリガード同様、この季節に調子を上げてくる馬だね。走破時計も優秀だし、57キロでの実績も申し分なし。海外帰りが嫌われて人気が落ちる様なら押さえておきたいね。

馬券は、②ワグネリアンの単勝。馬連は…また8点なんだよね。仕方ないんだけど。それだけ、相手候補は絞りにくいということ。適性的には混戦ということです。とにかく、このビッグレースを的中できればOKでしょう!

<推奨馬券>
※勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。

単勝
②ワグネリアン

馬連本線
②-⑧
②-④
②-⑬
②-⑨
----------
馬連おさえ
①-②
②-⑥
②-⑪
②-⑤

今週の重賞攻略データ

・ジャパンカップ(GⅠ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想

・京阪杯(GⅢ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想

・京都2歳S(GⅢ)
騎手データ データ攻略 


<PR>

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧