偏差値予想

1月18日(土)

第57回 愛知杯(GⅢ) 小倉11R 芝2000m

各馬の過去10走(※中央競馬が対象)を独自ロジックを使って13項目の予想ファクターで偏差値化。レース適性の総合偏差値から【見解】・【推奨馬券】を公開しています。◎>○>▲>△>☆は各ファクターの偏差値の評価順です。脚質については、過去10走の位置取りを参考に割合を算出し表記しています。▲が主な脚質、△は主ではないが、その位置取りでの競馬をしたことがあることを示します。また、全体に占める各割合が25%未満の場合は、表記しません。
愛知杯のレース適性評価

愛知杯のレース適性偏差値チャート

<見解>
難解はハンデ重賞、しかも牝馬・・・。すでに当たる気がしない。こういう時は、偏差値に頼る。自分で予想しても迷うだけ。スパッと決めてくれる、こういう予想タイプは助かる。さっそく、予想を。

本命は②センテリュオ。最大の売りは右回りで大きくパフォーマンスを上げる点。前走のエリザベス女王杯の4着も納得がいく。持ち時計もメンバートップで、上がりも最上位。この時期に成績を上げてくるタイプでもあり、文句なしの本命だ。

ランク上位からは⑦アロハリリー。とにかく小倉が大好物という馬。ここまで3走して2勝2着1回。また2000mという距離も好相性で馬券外になったのはわずか1回。当然脚質も小倉向きで、北村友一騎手とも手があっている。前走からの巻き返しは確実だ。

ランク外からは、平均値ギリギリだが、⑥アルメリアブルームを挙げる。この馬は斤量53kgの時は別馬の様に走る。加えてこの季節にパフォーマンスを上げてくるタイプで今回は激走を見せてもなんら不思議ないだけの条件が揃っている。引退も近づいているだけに、初重賞のタイトルを欲しているはずだ。

馬券は、②センテリュオの単勝。馬連は、最大の8点。何とか引っかかってほしいというのが本音。的中すれば、配当は自然とついてくるはず。

<推奨馬券>
※勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。

単勝
②センテリュオ

馬連本線
②-⑦
②-⑤
②-⑭
②-⑨
----------
馬連おさえ
②-⑧
②-⑯
②-⑬
②-⑥

今週の重賞攻略データ

・日経新春杯(GⅡ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想

・京成杯(GⅢ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想

・愛知杯(GⅢ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想


<PR>

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧