偏差値予想

1月26日(日)

第37回 東海S(GⅡ) 京都11R ダ1800m

各馬の過去10走(※中央競馬が対象)を独自ロジックを使って13項目の予想ファクターで偏差値化。レース適性の総合偏差値から【見解】・【推奨馬券】を公開しています。◎>○>▲>△>☆は各ファクターの偏差値の評価順です。脚質については、過去10走の位置取りを参考に割合を算出し表記しています。▲が主な脚質、△は主ではないが、その位置取りでの競馬をしたことがあることを示します。また、全体に占める各割合が25%未満の場合は、表記しません。
東海Sのレース適性評価

東海Sのレース適性偏差値チャート

<見解>
先週、コラボ記事として競馬ラボさんに取り上げていただいたこの偏差値予想。年明け以降まさかの3連勝で注目を浴び取り上げていただいたものの、そんな時に限って大外れ・・・。まあ人生そう上手くはいかない(笑)。大荒れになった愛知杯は勝ったデンコウアンジュを上位5頭に取り上げていた事が不幸中の幸いって感じだ。日経新春杯はもう完敗です・・・。今週から、まら仕切り直しです。調子は悪くない!引き続き参考にしてくれたら嬉しい限り。

本命は⑬インティ。偏差値はダントツの62.3。チャンピオンズCでしっかり巻き返してきた事を考えてもやっぱりダート1800mの適性は高い。重賞実績もこのメンバーではアタマ一つ抜けてる。武豊騎手とのコンビももうお馴染みだよね。文句なしのド本命って感じだ。

ランク上位からは人気薄の⑫ヒストリーメイカーをピックアップ。まず、この馬は京都の適性が高いことに言及しておこう。中央再転入からの2連勝も京都で挙げた。脚質も京都1800mにピッタリだ。前走かなり大味な競馬で勝ったあたりからも、ここで通用するだけの地力もあるはず。要警戒の一頭だ。

ランク外からは①モズアトラクションに注目。この馬はとにかく平坦コース巧者。重賞を勝ったエルムSはもちろん、なにより今回と同じ京都競馬場でチュウワウィザード、オメガパフュームと大接戦を演じた事があるくらいだからね。前走は急坂の中京でのレースだし、大外を回されたレースぶりからも参考外と見ていいと思う。巻き返しに期待だ。

馬券は人気だろうけど⑬インティの単勝。馬連は6点。先週の不甲斐ない敗戦からしっかり巻き返したいところだ。

<推奨馬券>
※勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。

単勝
⑬インティ

馬連本線
⑬-⑮
⑫-⑬
③-⑬
④-⑬
----------
馬連おさえ
⑬-⑭
①-⑬
⑩-⑬

今週の重賞攻略データ

・東海S(GⅡ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想

・AJCC(GⅡ)
騎手データ データ攻略 偏差値予想


<PR>

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧